親知らず日記

親知らず日記 その1

自然治癒力に期待していた虫歯だが、
再石灰化のガムを噛んでみても
それ以上の早さで侵略されるので、どうにもならなくなって
ついに歯医者に行くことにした。

そして3ヶ月。
自覚がなかった虫歯まで治療して完璧になった。
長かった歯医者通い。
仕事が終わる頃に歯を磨き、帰りに歯医者に寄る生活もこれで終わる。

虫歯の治療と平行して歯石取りもやっていたが、
これも今日で終わりだ。ついに。

しかし、

これで歯医者とは縁が切れると思ったのに。のに。
「虫歯の治療が終わったので、次は歯石取りだけです」って
言ったのに。のに。

「今後は歯石取りだけです」という意味でなく、
「『次回は』歯石取りだけです」って意味だったとは。
まさか『親知らず』なんて言葉を聞くとは。


親知らず日記 その2

今までの人生で一度も抜いたことなく4本とも健在で、
うち3本が頭を出しているようで。
自分でもレントゲン写真を見たので間違いでもないようで。

誰から聞いた話でも共通して痛々しいという
あの無意味に生えてくる歯が。ついに私にも。

レントゲンで見た限り、下の親知らずは
どう見てもラスボスですよ。ラスボスなのに2人。ああ。


親知らず日記 その3

「どうします?抜きますか?」

助手の女性が聞く。
かわいい人だが、話す内容はシビアだ。

「抜いた方がいいですか?」

一応、聞いてみる。親知らずだって無駄に生えてくるわけではあるまい。
「抜かなくていい」と言ってくれ。「このままでいい」と。SAY、NO
世の中には無駄なものなんてないんだ。
ワキ毛だって歩行の時の腕の振りをスムーズにしているんだ。
親知らずだって必要だろう。食べ物が奥の方でも噛めるじゃないか。

「そうですね。抜いた方がいいですね」

ギャア
やっぱりいらないんだ。盲腸と同じだ。指毛なんだ。
いらないならはじめから生えてこなけりゃいいのに。

「じゃあ抜いてください」

オレ、勇者になったよ、母さん


親知らず日記 その4

この世には2種類の人間がいる。

親知らずを抜く人間と、抜かない人間だ


親知らず日記 その5

考えてみたが、おかしいんじゃないか。
私だけが親知らずで辛い思いをするなんて。

世の中には親知らずなんて意識せずに老後まで生きる人もいるだろう。
親知らず知らずってわけだ。許せない

へその緒はみんなが切るのに、親知らずは選ばれた人だけなんて。

こうなったら親知らずを抜かずに平和に生きている人にまで
この恐怖を伝えてやる。
私の持ちうる限りの文章表現で、親知らず知らずな人たちにも。
読んだ人が今後、親知らずを抜くハメになったら
2度辛い思いをするとしても。

この恐怖、増幅して世界中へ発信だ。

これはもはやテロですよ


親知らず日記 その6

こんな時に限ってすぐには予約が取れないものだ。
決戦は2週間先。火曜日。
抜くと決まった以上、ひと思いにやって欲しいのに
この嫌な2週間はなんだ。執行猶予か。

そしてついに火曜日が来た。


親知らず日記 その7

むう、暑い。
いや寒いのか。
嫌な汗をかいているのだ。エアコン効いてるのに。

「生島さん、2番へ」
「ハ、ハイ」

待合室から2番チェアーへ。
次に戻ってくるときには
親知らずが3本しかない男になっているはずだ。

「じゃあ、今日、上の親知らず抜きますので」
「ハイ」

やっぱりウソじゃなかったんだ。現実だ。
この女医さんが抜くのだ。
マジで本当なのか。ウソじゃないのか。
この世はマトリックスなのか。今ならためらわず赤い薬を飲むぞ


親知らず日記 その8

「じゃあ、麻酔をしますね」

そうだ、麻酔だ。
痛くないようにするための麻酔なのに
それ自体が痛いという矛盾をかかえた歯医者の麻酔だ。
針がものすごく奥深くまで入っている感触がするやつだ。

ウィーン。
あれ、刺してるの?全然痛くない。
そういえばこの歯科クリニックは痛みが少ないように
電動の麻酔を使っているんだった。
こんなに痛くないものなのか。本当に麻酔してるのか?
音がするだけの機械で、「麻酔している気」にさせる装置じゃないのか。

あ、でも効いてきた。
喉の横の方がしびれてきた。
奥歯の麻酔だけに変なところがしびれる感じだ。
そして苦い。うがいしても苦い。


親知らず日記 その9

麻酔が効くまでしばらく待たされ、
また先生が戻ってくる。

「痛かったら左手上げてください」

そう言って台の上の器具をつかむ。
怖いので目を閉じることにした。
ここからは感触による想像だけだ。

む。ラジオペンチのようなもので奥歯を挟んだ気がする。
それですか。それが親知らずですか。

ぎゅいむ
おお、抜くつもりですね。引っこ抜く感じで力が入ってるんですね。

ぎゅぎゅぅ
うお、痛みは全然ないけど、
めちゃめちゃ力が入ってるのがわかる。
歯って女性の力で抜けるのか。
もし抜けなかったら痛み損じゃないか。

ぎゅーーぎゅぅ
変な擬音と思われるかもしれないが
極めて正確に表現しているのだ。

痛みが全然ない、素晴らしい。
痛みはなくても感覚はあるので
歯をつかんでひっぱる感触だけが伝わってくる不思議な感じ。

さっきからちっともペンチが進んでないような気がする。
目をつぶっているわけだし、そもそも口の中なので
本人にはまったく状況がわからない。
今、何%ぐらい抜けたんだ。進行状況教えてくれ。


親知らず日記 その10

「ちょっと口閉じ気味にしてください」

治療がしやすいように口を大きく開ければいいような気がするが、
実は奥歯を触る場合、口を大きく開けすぎると
口の脇の皮膚が張って手が入りにくいのだ。
やや閉じ気味で口をゆるめた方がいいらしい。

鏡で奥歯を見てみるとわかるが、
親知らずというのは信じられないぐらい奥にあるわけで、
口から手を入れて奥歯を抜くなんて、めちゃくちゃ作業がしづらいのだ。

閉じ気味にして緩んだ口を横に引っ張られて作業が進む。
抜く作業に力がいるのか、口を引っ張っている指にも
めちゃくちゃ力が入っている。

今、「学級文庫」って言わされたら
がっきゅううんこ」になってしまうのは間違いない。それぐらい引っ張られているのだ。


親知らず日記 その11

先生が右に回りこむ。作業の姿勢を変えたのだ。

ミキミキ
おおぅ。今、なんか鳴りましたよ。誰かキットカットでも食べてる?

ミキャ、ピキピキ
ギャア。なんか今、ちょっと痛かったかも。
左手上げる?いやまだいい。

ピキビキビキ
ううぁ。間違いなく私の体が鳴っている。むしろ骨が。
外から聞こえてくるんじゃなくて体の中から音が伝わってくる。
耳とか関係ない。直接脳に振動が伝わってくる。
これが骨伝導システムか。雑音もなくてクリアだ。


親知らず日記 その12

アイタタタタタタ
先生、その角度痛いです。アイテテテ、そっちも痛いです。
ぐりぐりしてます。先生、ぐりぐりしてますね。

抜けないから横に振って緩めてるんですね。でもそれめちゃくちゃ痛いです。
そっちには曲がらないです。可動範囲超えてます。イテテテテ。

そういえば壁の画鋲が抜けない時にぐりぐりして抜いたよ。
ごめん、画鋲痛かったんだね。これからはまっすぐ抜くよ。

イデデデデデデ
痛いです。今、何割ぐらい抜けましたか?現状を報告してください。
寝てるだけの私にはまったく抜けてない気すらしてきます。

先生が横に揺らすたびにピキピキと音がします。
先生、その歯は脳につながってるのかもしれません。抜くとなんか出てくるかもです。

アイデデデデデデデ
わかった、しゃべるよ。全部オレがやったよ。自白するよー。

「ちょっと痛い?」
「ハイ」
ちょっとじゃないけど。気が付いたら右目から一筋だけ涙が流れてた。

麻酔が追加されました。

次へ次へ



戻る戻る
表紙へ表紙へ