トウコウガンメン 5メン
どこかにないのかガンメンは。
そんな気持ちの毎日です。

穴をあけるパンチを上から見て
えらく奥にひっこんだガンメン。そうかしこまらなくても。
ジーッと見ていると、実はサル顔だとわかる。
サル顔のパンチであり、
すなわち「チンパンチー」とする。
写メラマン:めぐ

ハエとり棒を差す台座
120度単位であれば回転しても
再び同じ顔になるというトリッキーなガンメン。
しかしながら、どの方向も薄い表情で微妙。
「ハエ・コバエがびっしりとれる」というコピーだが、
果たしてびっしりとハエがついた棒を
どうやって回収・廃棄するのか。
写メラマン:きゅう

ラーメン屋の販促物にあったマーク
ラーメンを宣伝したいくせにテンションが低い。
そんなんで売れるのか。
むしろ具はちゃんと入っているのか。
妙に鬱になるラーメン屋の今後はいかに。
写メラマン:ピノコ

はかり
はかり。「秤」とも書く。
要は何かの重量を量るわけだが、
量ってない時の表情のバランスのよさ。
鼻の形がいい。そして目の位置。
「物を量る」という本来の役目を果たしている時は
たちまち顔がなくなってしまうというジレンマ。
写メラマン:ピノコ

ベルトの金具
アゴはずれてますよ。そう教えてやらねばならない。
ちょっと驚きすぎだ。カビーン。
もしやベルトがはずれるアクシデントが。
あらわになった秘部に対して驚愕。
写メラマン:S.Y

高校のバッグの一部
どこを見てるのか。目が虚ろすぎ。
口も開けっぱなしで放心状態。肌も荒れてます。
クスリやめますか、ガンメンやめますか。
写メラマン:S.Y

MDコンポのリモコン(リバース)
色違いとはいえ、このキュートさ。
目の離れ具合、口の開け具合。
狙ってやっているとすればあやや並。
左の目の下にあるマークも
少女漫画風の効果線に見えてくる。
写メラマン:S.Y

鉛筆けずり
マヌケだが憎めない表情。
周りの評価は「いい人なんだけど……」。
上の穴を目として判断しがちだが、
下の小さい穴の方に注目すると
急に別の表情になる。「へっ?」って感じの。
写メラマン:S.Y

トイレの換気扇の通気口
妙にいい人っぽい笑顔。
笑っているというより、人間として大きい表情。
ロビン・ウィリアムズみたい。
しかし居場所はトイレ。人間が大きくてもトイレ。
写メラマン:S.Y

シャーペン
口と目の微妙なズレ具合。
しかし、じっと見ていると
アメリカナイズなパースの効いた顔に見えてくる。
そういえばパックマンもこんな顔してる。
写メラマン:S.Y

ストーブの裏
表情がよくわからない。マンガっぽい顔だ。
それはともかくこめかみの部分の四角はなんだ。
マンガで下町のおばちゃんとかのこめかみにも
同じような白い四角が貼られていることがある。
あれはなんなのだ。あれがないと
何か漏れてくるのか。灯油か。
写メラマン:ピノコ

ビル
おそらく過去最高の大きさ。そして双子。
行き交う人々を見下ろす双子。
「みんな仕事してるね、兄さん」
「そうだね、弟」
「ところでモー娘。では誰が好き?兄さん」
「最近は加護ちゃんかな、弟」
写メラマン:ピノコ

バインダーの背中の部品
バインダーのファイルを挟む部分を取り外すと出てくる。
まさか見つかると思ってなかったのだろう。
ショックが大きいようだ。
しかしながら年度末の整理時には
必ず見つかってしまうのだ。
写メラマン:ピノコ

携帯の充電台
つぶらな瞳。赤いほっぺた。
ずいぶん純なガンメンだ。
そんなピュアな表情で私を見ないでくれ。
もうあの頃とは違うんだ。大人になったんだ。
写メラマン:ピノコ

バスの手すり
「プゥ!」とシャウトしているガンメン。マイケルか。
とはいっても、ここはただのバスなので
周りは観客というより乗客。
次は手すりなぞに生まれ変わらぬように
なにか努力して欲しい。
写メラマン:きもと

パーキングメーター
目に鉄格子。さぞ辛かろう。
駐車車両の様子を
目を見開いて監視しているに違いない。
駐車違反がないよう、今日もがんばってくれ。
写メラマン:匿名希望

米びつ
目が虚ろだ。大丈夫か。
マユゲの横にナンバーが振られているという
新しいメイクだが、特にうらやましくはない。
米はいっぱい与えられるのに
炊飯したものは永遠に食べられないジレンマ。
虫がわかないよう、しっかりと保管していて欲しい。
写メラマン:雪虫

             

モドル