トウコウガンメン 7メン
悲しいの?楽しいの?
ガンメンの気持ちは自分の気持ち。

コードレス電話の充電器
生まれたてか。ばぶー。純真無垢すぎ。
電話を取るたびに天使の笑顔にデレデレ。親バカ。
写メラマン:佐々木 菜津樹

教室の電圧板
えーと、なんでしょうかこの表情のなさは。
バランスは完璧ですが、こののっぺり感。
何か楽しい趣味でも見つけるといいよ。
写メラマン:ヘビ

数学の問題
出題された図の鋭角を二分する部分にガンメンが。
難問に悩む学生に見下すような表情。殺すぞ。
左足が27度のくせに。答えを教えろ。
写メラマン:ダブルクリムゾン

ダンボール
はー、なるほど。確かにダンボール。
それ以上でもそれ以下でもない。
口の部分は持ち上げる際の取っ手だとして、
目の部分は一体なんのためだ。
2人がかりで両側から持ち上げるときに
指でも入れるのか。それじゃ痛いだろう。
写メラマン:ねお

ロンドンのバスの支柱についてる金具
いや呆然としすぎ。
おそらくはイギリス人であろう彼だが
何を驚愕しているのか。
目を開き、口を閉じずに凝固する彼。
もしかするとロンドン橋が落ちたのかもしれない。
写メラマン:ころ

キーボードの裏
どこを口と見るかで3パターンに顔が変わるが
ここはダイナミックに、横一本に伸びた溝を
口と認識すべきだろう。
そうするとお茶目でレトロな悪ガキになる。
歯がガタガタなのはジュースの飲みすぎだ。
今日も虫取りアミを持って駆け回れ。
写メラマン:さえ

通ってる学校の校舎
規模でかすぎ。
取って付けたような鼻もとがりすぎ。
80年代デザインのロボットか。
パワーはあるが卵は割れないタイプだ。
写メラマン:クマベエ

ドアノブ
ガンメンの王道。それはリモコンとドアノブ。
ありがちなネタだけど実はここはイギリス。
そう思ってみるとどうだろう。
日本のガンメンとはどこかが違う。
長い鼻も外国人だからか。そして顔も長い。
写メラマン:赤田咲子

チーズ削るやつ
光っちゃってますよ、顔。
どこをどう使ってチーズを削るのか不明だが
削った後の高揚感が表情に表れている。
彼にとっては市販の粉チーズなんて邪道。
チーズの塊を削ってこそ粉チーズ。
そんな想いの彼を撮影。ハイ、チーズ。
写メラマン:赤田咲子

カベにある痕跡
痕跡、とか言われても。もはやガンメンアウトぎりぎり。
確かに顔に見えるけど、もうすぐ消え入りそう。
そしてこれはなに?
トムとジェリー風に
すごい勢いでぶつかったりしたのか。
写メラマン:赤田咲子

壁のスイッチ(リバース)
顔薄すぎ。
目をそらしたあと5秒で忘れる顔。
そして色も地味すぎ。
ファンデーションつけすぎ。
写メラマン:赤田咲子

BARのライト
6色のライトに囲まれたら
そんな顔になるのも無理はないよ。
囲まれすぎだもの。びっくりするよな。
写メラマン:赤田咲子

イギリスの家
レゴで売ってそうな家。これがイギリス。
確かにガンメン。マユゲと唇まである。
家ってこんなにわかりやすい形でいいのか。
屋根90度。窓3つ。壁レンガ。カモナマイハウス。
写メラマン:赤田咲子

川の中の岩
グレイ!?宇宙人がまさか川の中に。
人工物ではないし、ガンメンアウトギリギリだが
このインパクト。
肥大化した頭部といい、
間違いなく知的生命体だ。
動かさない胴体部は見えないほど
退化しているのだろう。そして泳げない。
写メラマン:ゲンキ

光学マウスの裏
「ムキョー!」
何をそんなに興奮しているのか。
おでこに穴が開いたからか。白目むいてるし。
まず落ち着け。そして119番だ。
写メラマン:machi

タンスの上の衣装箱
踏ん張ってる。踏ん張ってるぞー。
頑固そうなその表情。
顔の古傷は修羅場をくぐり抜けてきた証拠。
でも今はもう平和。アロマで落ち着いて。
写メラマン:machi

工事現場の仮設トイレの煙突
レトロなデザインのロボット。作業員タイプだ。
同じ形のものが何百体も作業しているのだろう。
愛・地球博も彼らが作ったに違いない。
盛り上がってなくてもがんばれ。
写メラマン:ぶちヲ

エアコンのリモコン
これまた微妙な顔。ガンメンアウトとセーフの中間。
目とかチグハグだし。鼻はブドウみたいだし。
小さく「イオン」って書いてるし。
でも口に書いてる「プラズマクラスターイオン」って
必殺技みたいでカッコいい。
「必殺!プラズマクラスターイオン!!」。
叫んでみたかったからガンメンセーフ。
写メラマン:tomo3p

             

モドル