戻る][過去ログ一覧
プチメタ
総アクセス数

   プチメタ日記:2010年8月16日(月)23時49分 固定リンク

「神戸に『ジョジョバー』があるらしい」という噂を聞いた。

「ジョジョバー」、つまり
ジャンプ黄金時代から今なお続く名作マンガ
ジョジョの奇妙な冒険」を題材にしたバーだ。

ジョジョ好きな私としてはぜひ行ってみたいが、
公式サイトもなく、とにかく情報が限られていて
店の場所すら定かでない。
ひとりではたどり着けるかどうかすら不安だ。

ということで職場の先輩後輩を加えて4人で行ってきた。
その際、店員から
「ぜひ宣伝して欲しい」という強い念を感じたので
少しでも告知できれば、と情報を残しておくことにする。

■店舗情報■

--------------------------------------------------
ジョジョの奇妙なBAR ヘブンズ・ドアー
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2-12-20 セゾンコートビルB1
TEL:078-321-1551
営業時間 18:00〜2:00
--------------------------------------------------

場所としては三宮の東急ハンズ、ドンキホーテの近く。


大きな地図で見る




かなり地味な通りで、
本当にこんなところに店があるのか不安になる。
「振り返ってはいけない小道」ではないので
存分に後ろを確認しながら進もう。




しかし気分だけは高ぶっており、
何気ないシャッターを見ても



ザ・ハンドで削り取れそうな妄想をしてしまう。




そうこうしているうちにジョジョバーの看板を発見!
相当に地味なので通り過ぎそうになった。




地下へ下りていく階段の壁には
コミックスから切り出したと思われるポスターが。
いやがうえにも盛り上がってくる。




店の入り口には見慣れた描き文字。
どんな世界が待ち受けているのか。


   プチメタ日記:2010年8月17日(火)15時18分 固定リンク

店内に入ると店員がいきなり「ドギャーン!」と言いながらお出迎え。
驚くことはない。ここはジョジョバーだ。



店はそれほど広くなく、カウンター8席、
2人用と4〜6人用のテーブルがひとつずつ。

休日は予約を取った方がいいらしいが、平日は割とガラガラ。
(私が行った火曜日は20時までの間に
 我々以外にはひとりしか客が現れなかった)




基本的に店内はジョジョネタの嵐。
ズラリとフィギュアが並べられ、
個人宅ではそうそう真似のできない見晴らしに。



ジョジョがたまらなく好きなんだろうなぁ、という空気アリアリ。
ひとつひとつじっくり見れる。




置かれているメニューがまた
ボインゴのスタンド本になっているという素晴らしさ。




中は中でカクテル類がお馴染みのスタンド名になっており、
「破壊力C」「スピードE」「成長性A」などと
それぞれのアルコールとしての特徴を表す凝りよう。
当然ながらスタープラチナやザ・ワールドはかなりの強キャラ。

そのへんを考えて頼めば酒が苦手でも楽しめるし、
ノンアルコールやソフトドリンクもある。




私も酒をほとんど飲まないが、
今回は続けて3杯も注文するハイペースぶり。どれも飲みやすい。




しかもコースターは光ったメロンのようで
ハイエロファントグリーンそのもの。
どこまでジョジョネタを仕込んでくるのか。




セックス・ピストルズは当然のようにコップ6杯がセットで。
もはやコースターはなんの意味もない。

番号を読み上げながら置かれていくのだが、
泣き虫であるNo.5は
ちゃんと「甘ったれ」仕様になっている素晴らしさ。

そして全員で「WRYYYYYYY!」と乾杯。
ここはジョジョバー。掛け声も普通じゃない。


   プチメタ日記:2010年8月17日(火)23時27分 固定リンク

ジョジョバーは酒ばかりでなく料理も豊富。
ただ、当然のごとくメニュー名も
ジョジョにまつわる用語に置き換えられているので
どんなものが出てくるかは予想に頼るしかない。


「ペットショップのからあげ」
イギーとの死闘を繰り広げ、
最強の部類に入るスタンドだったのにッ!


「レッド・ホット・チリ・ポテト」
暗めの店内ではやはり電力が足りなかったのか、
錆びた鉄クズのような色にッ!


「ブラフォードのオムライス」
「LUCK(幸運を)」にPを付け足し、
「PLUCK(勇気を)」と書かれているッ!

いずれも美味でヨダレずびっ!

こういう店はネタばかりが先走っていて
料理や酒は適当かと思っていたが、
ジョジョバーはどれもが満足いくデキで感激した。


そしてあまりにも気になるメニュー「肉の芽」。



肉の芽だけあってDIO直々のメッセージ付き。
えらいことになっているので
弾丸をつかむほどの正確さで食べていこう。



触手をどんどんちぎっていくと
ちゃんと「芽」の部分が出てくる見事さ。脱帽。




これらの酒や料理をすべて1人で用意してくる多才なスタッフ。
ふとシェイカーを振る後姿に注目すると……、



ブ、ブチャラティ!ついに会えた!


次へ次へ

戻る戻る
表紙へ表紙へ