戻る][過去ログ一覧
プチメタ
総アクセス数

   プチメタ日記:2011年7月16日(土)9時38分 固定リンク

6月末から7月中旬にかけて、教え子たちの内定ラッシュ。
毎日のように内定報告があり、次々と進路が決まる。

就活の早期化+長期化でだいぶ辛かったと思うけど
結果に結びついたのはホントよかった。

全部まとめておめでとう。



   プチメタ日記:2011年7月17日(日)0時38分 固定リンク

iPod touchでmixi見てると、スクロールするつもりで操作した指が
「イイネ!」ボタンを押してしまいそうになる事故が多発。

本人が落ち込んでいる日記とかつぶやきに
「イイネ!」ってしそうになって困る。
他人の不幸を喜ぶつもりはないのに。



   プチメタ日記:2011年7月17日(日)23時51分 固定リンク

宅急便の再配達を依頼した時間帯に
家に自分ひとりしかいないときのトイレはどうも緊張する。

トイレ中にインターホンが鳴る
  ↓
慌ててトイレットペーパーで拭く(ウォシュレットは我慢する)
  ↓
水を流す
  ↓
手を洗う
  ↓
インターホンに出るけど、もう誰もいない

という流れになりそう。

再配達の時間帯を午前中(9〜12時)に設定したとすると
最初の5分間に来宅がある確率は36分の1。
しかし時間が経てば経つほど、残り時間が減少するので
次の5分間に来宅する可能性が上がる。

11時半まで粘った上でトイレに行った場合、
用を足して出るまでの5分間に来宅される確率は非常に高い。
そう思うと、なんとか荷物が届くまで
トイレを我慢しようとするけど、意識すればするほどお腹が緩くなる。

何が言いたいかと言うと、宅急便の人は
インターホンを鳴らしてから1分ぐらいは待ってて欲しい。



   プチメタ日記:2011年7月18日(月)17時23分 固定リンク

ガングリフォンのオープニングムービー、懐かしいな。

1996年、実に今から15年も前でこのクオリティ。
愛機のセガサターンでこれを観たときはホント衝撃だった。

このムービーに登場する戦車たちのカッコいいこと。
車体を浮かせて丘を越える感じとか
大破して砲塔部が炎上する感じとか。

今観るとカメラワークがイマイチな部分もあるけど、
今からゲームを始めるプレイヤーを
その気にさせるパワーがあるなぁ。



   プチメタ日記:2011年7月19日(火)11時40分 固定リンク

mixiでは日記の公開範囲を自分で決められる。
しかしどうにもわからないことがある。

自分の日記を読める人間を
「友人まで」に制限する意味はわかる。
内輪ネタや、自分のことを直接知っている人、
自分が心を許した人にだけしか読ませたくない日記だからだ。

問題は「友人の友人まで公開」という設定。
これの存在意義がよくわからない。
全体(不特定多数)への公開と何が違うのか。

「友人の友人」の範囲内に該当する人数は
自分のマイミクたちの持つマイミク人数をすべて足した合計から
共通のマイミクを引いた数になる。
マイミク数の平均は20人ぐらいらしいので
大雑把に考えると「友人の友人」は400人ぐらいか。

しかし、100人以上のマイミクを持っている人は
それだけで2000人ほどの人間を引き連れていることになるので
自分のマイミクにそういう人が含まれる場合、
「友人の友人」は数千人規模だ。
そう考えると、もうこれは「全体公開」でいいんじゃないか、と思う。

唯一の違いは「全体公開」より「友人の友人まで公開」の方が
一応の制限がかかっているので、
その日記を読めることに優越感を感じることができるぐらいか。
「友人の友人まで公開」の日記が読めるのは
その間を取り持ってくれる友人がいるおかげなので
そのつながりが少し意識できる。

ちょくちょく「友人の友人まで公開」の設定を見るので
使い分けの理由について聞いてみたい。



   プチメタ日記:2011年7月20日(水)11時00分 固定リンク

iPod touchやiPhoneで一番傷みやすいHOMEボタンを
細かくデコピンするとボタンの周囲から
ホコリみたいな粉がモリモリ出てくるネタ。

これスゴイ。本当に出てくる。っていうか止まらない。
人差し指でひたすら弱めのデコピンを連打する感じ。

touchは使いまくってるけど、頻繁に拭いているし、
かなり綺麗にしていると思ってたのに、ボタンのスキ間に
こんなにホコリとか手垢が入るの?っていうぐらい出てくる。

私の初代touchもHOMEボタンが反応しなくなって諦めていたけど
この技でボタン内部を綺麗にすれば直るかも、と思って
ひたすらゴミを出してみたけど、
先に人差し指がギブアップ。続きはまた明日。

iPhone/iPod touchユーザーはぜひやってみてください。
ホントにびっくりするレベルで粉が出てきます。
むしろデコピンの衝撃で壊れるんじゃないの?
って言う心配はあるけど、そこは自己責任で。



   プチメタ日記:2011年7月21日(木)12時20分 固定リンク

今日から教え子たちも夏休みに入ったが、
私も授業のないこの時期に
普段取れない有休を発動して3連休をゲット。

いつもはできないことをやろうと、
妻が大嫌いなホラー映画を10本ほど借りた。
妻がいない今ならたっぷり観ることができる。

仕事に向かう妻を送りだした後、
リビングに響く悲鳴や血しぶき。これは有意義。



   プチメタ日記:2011年7月22日(金)0時17分 固定リンク

3連休に入ったところだというのに
急にモデムが不調になって、インターネット途絶。

ムリムリムリムリ。
インターネットがないと生活ムリムリ。
ブログとかmixiとかメールとかチェックしないと死ぬ。
書きたいときに日記が書ける環境がないと死ぬ。
ゲームの攻略情報知りたいときに調べられないと死ぬ。

いよいよこれから遊ぶぞ、というところでこのトラブル。
3年前にXbox360が壊れた悪夢を思い出す。

結局、夜11時半にも関わらず業者が登場し、なんとか復旧。
いつでもインターネットにつながっている安心感。

生きてる!



   プチメタ日記:2011年7月22日(金)22時16分 固定リンク

ということで、独りでホラー映画を観まくっているのだが、
期待していた「スペル」が大ハズレ。

(※ここからはグロテスク画像+ネタバレの
  オンパレードです。ご了承ください)

基本的に主人公がお婆さんに襲われまくる映画なのだが、



運転中に後部座席から襲ってきたお婆さんを弾き飛ばすため、
車をわざと激突させる主人公。




シートベルトをしてるのは主人公だけなので
お婆さん衝撃で前に飛ばされる。




思い切りダッシュボードにぶつかって入れ歯が飛ぶお婆さん。




歯がなくなったのに執拗に主人公に噛みつくお婆さん。
なんかもう汚らしいだけの展開。ナニコレ?


また別のシーン。



物置き部屋の中で主人公を捕まえ、
強烈な左ストレートを繰り出すお婆さん。




主人公の口の中に思い切り入る腕。というか入りすぎ。
苦しそうなだけで主人公は絶命せず。




ふと天井からぶら下がる重そうなオブジェ。
それを支えるロープは主人公の近くに。チャンス!




スキを突いてロープを切断!




お婆さん目がけて上から落下する重量物。




お婆さんにクリーンヒット!ギャフンッ!




その衝撃で目ん玉が射出。
(わざわざ別カットでアップになる)




目玉とその残骸が主人公にふりかかる。ナニコレ?


超シリアスホラーみたいな予告編で煽ってたのに
バカ映画なのかどうかハッキリして欲しい。
やたら吐しゃ物をぶちまけるシーンがあって気持ち悪いし。

私は鑑賞後に満足できなかった8%の人間の方だな。



   プチメタ日記:2011年7月24日(日)9時54分 固定リンク

みんなのリズム天国」、相変わらずデキがいい。
なんだこのかわいさ。シチュエーションの豊かさ。

ハッキリ言えば前作・前々作と何も変わっていないのだが、
シリーズファンなら安定して楽しい。

WiiリモコンなのにAボタンとBボタンしか使わない
割り切りっぷりもいい。
Wiiだからって無理にリモコン振る必要はないのだ。

「みんなの〜」と言いつつも
基本的には1人でしかプレイできないが、
人が集まっているときに誰かがプレイすると
「俺ならもっとうまくプレイできるから
ちょっと貸せよ」状態になること間違いなし。



   プチメタ日記:2011年7月25日(月)9時43分 固定リンク

姪についての日記を書くたびに
「子供嫌いのはずだったのに、
 子供が好きになったんじゃないの?」
みたいなメールを読者の方からもらうのだが、
私は相変わらず子供嫌いです。

電車で隣に座られようものならストレスMAXだし、
知らない子供と無条件に遊ぶ気もしない。
子供が遊んでいるのを見てもうるさいとしか思わない。

「自分の子供は姪以上にかわいいかもよ?」
ということも言われたりするけど、
自分の子供の場合、かわいいだけじゃなく
何十年にわたって責任やお金が膨大に発生するので
自分の時間やお金を切り崩してまで欲しいという思いがない。

姪が最高なのは、自分の子供のように懐いてくれる上に
養育の責任やお金の問題が一切発生しない気軽さ。
これは姪や甥がいる人ならわかってくれるんじゃないか。
一言で言えば「子育てのいいとこ取り」ができる。

もちろん、苦労して自分の子供を育ててこそ
得られる経験というのもあるだろうけど、
それが欲しいと思う気持ちが
責任や負担を負う覚悟よりも上回らない限り、子供はいらない。

やたら子供をもうけることの魅力を勧めてくる人がいるけど
「共働きで子供なし」という最高に収入が高くなる家族形態にも
かなりの魅力があるのはわかってもらえないのかなぁ。

※この件に対する反響について、7月26日に記事を書いています



   プチメタ日記:2011年7月26日(火)11時00分 固定リンク

昨日のプチメタについて読者の方から送られてきた感想。

「奥さんは子供を欲しがらないんですか?
 奥さん方のご両親も本当は孫の顔を見たいのでは」

もちろん妻には結婚前からさんざん私が子供嫌いであることや
子供を欲しいと思っていないことも伝えている。

が、この意見のもっともイヤなところは
「奥さん方のご両親も『本当は』孫の顔を見たいのでは」
の部分である。

この「本当は」の部分の裏には
「表面的には同意しているように見えるが、真意は違うのでは」
というニュアンスが隠れている。
しかも言っている側には悪意がないのだ。

「子供はいらない」と宣言するとよくこういう勘ぐり方をされる。
これは「子供がいない家庭」を普通じゃないと捉えているからだろう。
「あなたはいらないと言うけど、
 周りの人は欲しいと思ってる人がいるんじゃないの?」
「そんな(普通じゃない)ことをして反対する人はいないの?」
といった具合だ。

結婚前に子供嫌いについての文章を書いたときにも
「お父さんの気持ちを考えてあげてください!」と
やたら私を叱責するメールをもらったことがある。

本人がいらないと言っているのに
なぜか、むやみやたらにそのことを心配したり、
戒めたりしてくる人が後を立たない。
男の私ですらそうなんだから
子供をいらないと考えている既婚の女性は
日々、相当な圧力を受けているのだろう。

ただ、私としては当人である夫婦さえ納得していれば
その方針は誰がなんと言おうと変更する必要はないと考えている。
これは「マンションに住むか一戸建てに住むか」と同じように
あくまで夫婦に最終決定権がある人生設計のひとつだ。
悩んでいるときに相談や意見を出すのはともかく、
完全に結論が出ている問題を夫婦以外の人間が
わざわざ覆す必要がない。

仮に私や妻の両親が「本当は孫が欲しい」と思っていたとしても
夫婦が欲しいと思っていないのに、
両親の意見を受けて子供をもうける方がよっぽど無責任ではないか。

子供を今後の何十年間育てていくという責任を負う
覚悟をもった夫婦こそ子供をもうけるべきで、
世間体を気にしたり親へのプレゼント気分で子供をもうけるのはおかしい。

そもそも子供を勧めてくる人の大半が、
「子供がいることが最高の家庭状態である」と妄信しているが、
「子供がいないこと=家庭に不足が生じていること」ではない。

子供がいない家庭にしか味わえない満足というものがたくさんある。
我々は子供の安否を心配をする必要もなく、
子供を気にして外泊や外出に制限がかかることもなく、
養育にかかる費用を苦労して捻出することもない。

子供がいないと味わえない幸せもたくさんあるだろうが、
私たちは子供がいたらできなかった満足をたくさん得ることができる。



   プチメタ日記:2011年7月27日(水)6時00分 固定リンク

今さらだが、mixiのつぶやき機能も活用していこう。

mixiには登録しているものの、mixi日記は書かず、
プチメタの更新情報を垂れ流しているだけ。
そもそもプチメタはマイミク以外の誰でも読めるわけで、
せっかくマイミクを申請してもらっても
これまでなんの意味もなかった。
単に「D.IKUSHIMAとマイミクになった」というだけ。

それではマイミクの人たちのアドバンテージがまったくないので
今までまったく使ったことのなかった「つぶやき機能」を使って
マイミク限定で発信することにした。
つぶやきの公開範囲も設定できることも初めて知った。

せっかくファンコミュニティを作ってもらったので
何かしら活用しないと、と思って
今まではプチメタにすら書かないようなしょうもないことを
ナノメタ」と称して書いていたが
生活の中で何かを感じたときに
「ナノメタに書く」という発想が出にくくて、よく書き忘れてた。
(ファンコミュニティに入会してくれている人たちの
 アドバンテージも考えたいのは山々だが)

今後はプチメタにすら書けないような、どうでもいい、
しょうもない、ごくごく個人的なことをつぶやいていこう。

という方針決定をつぶやこうと思ったけど
つぶやきというレベルを超えた長さになったのでここに書く。



   プチメタ日記:2011年7月27日(水)22時43分 固定リンク

学生が夏休みのうちに、またもや有休発動2連休。

平日に取る休みは日中が完全に独身気分で
食べるのも遊ぶのも寝るのも好き放題。

などと思ってると
「せっかく夫が休みだから
 私も有休取ってきたわー」
と妻。

うん、ちがうねん。そうじゃないねん。



   プチメタ日記:2011年7月28日(木)15時08分 固定リンク

がんばって1日のうちに3本のホラー映画を観たが
3本すべてがハズレでビックリした。

3本目を観始めて駄作だと気付いた瞬間は
恐怖で身体が震えたわ。



   プチメタ日記:2011年7月29日(金)14時16分 固定リンク

アニメ「輪(まわ)るピングドラム」スゴイな。

病弱な妹ともに慎ましく生きる兄弟愛の話かと思ったら
予想外の方向に猛スピードで展開していって驚いた。
死にそうなはずの妹が
「生存戦略ー!」って叫び出すカットもシュールすぎ。



   プチメタ日記:2011年7月30日(土)11時27分 固定リンク

ゲーム「L.A.ノワール」の演出の裏に隠された技術

ゲーム本編は苦労して100%クリアを達成したけど、
確かに表情の再現度は素晴らしいな。
もはやゲーム内のキャラクターが俳優そのまま。
こうなるとゲームといえども「出演」ってレベルじゃないかな。



   プチメタ日記:2011年7月31日(日)9時59分 固定リンク

昨日は祖母の米寿祝い(数え年で88歳)を
数少ない親戚で集まって行った。



叔父が、用意した色紙を回して寄せ書きを集めた際、
この人数だとどう考えても余白ができすぎるので
鶴だの亀だのめでたそうなものをちょくちょく描いてみた。



「まあ、こんなものか」と次へ回したのだが、
再び色紙を手に取った叔父がやたら称賛してくれて
「まだ余ってるスペースに何か描いてくれ」と言われて大事故。

一番大きなスペースに富士山を描こうとしたが、
手前の背景とかを考えずに描きだしたものだから
原始時代に噴火する山みたいになってしまった。




仕方がないから顔を付けてゴマかすことにした。
もうめでたいんだか、めでたくないんだか。
おばあちゃん、ごめん。でも長生きして。




前へ前へ     次へ次へ

戻る戻る
表紙へ表紙へ