簡にして要の説明ができないのは、十分に理解できていないからだ。
            ―――――― アルベルト・アインシュタイン

何かを説明するとき、聞き手側の理解力が高いに越したことはないが、
多くの場合、話し手の説明能力さえ長けていれば通じる。
伝えたい内容の要点を的確に判断し、
相手の知識量に応じて噛み砕いた説明ができるかどうか。

聞き手が理解できていないのに同じ説明を繰り返すだけだったり、
言い方を変えたり何かに例えるような表現ができないようなら
自分がまだ他人に説明できるほど理解できていないのだろう。

難なく伝えるには3倍ほど理解している必要があると言われるように
自分でわかってることでもいざ説明しようとすると
驚くほどうまくいかなかったりする。


こういった内容をまとめたものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932