やればできる、と思いながら何もやってこなかった人は
いざやろうとしたとき何もできない自分に気づく。
それに気づくのが怖くて何もやらない人もいる。


               ―――「東京タラレバ娘」1巻より

辛辣な描写だが、30歳を超えると
それまでがんばっていたかどうかで
「できる人」と「できない人」が明確に分かれてくる。

できなくて当たり前だった新人・若手時代にチャレンジを渋り、
できることしか手を出してこなかったために
昔に身に付けたスキルしか使えない人材になる。
時代や環境が変わり、そのスキルが陳腐化すると
どんどん活躍できる場所が減ってお荷物になる。

仕事は少ない方がいい、誰かがやってくれる方が楽だ、と思うかもしれないが、
誰にも必要とされない社内ニートは本当に惨めだ。
自信がないことも引き受けていく覚悟が
自分を成長させ、周囲の信頼を得る。


この記事をベースに加筆・修正したものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932