最近は就活生の対応がどんどん多くなってきて
昼夜問わず何らかのメールが舞い込む。
特にこの時期はあらゆる学生が何かを相談してくる。

これまでは職場と自宅でメーラーを使って
職場のメールを家から確認した上で返信したりしていたが
家から返信したメールの送信内容を職場から確認できないし、
家で読み終わったメールが出勤したときに
また新着として届いたりするのが、いい加減ダルくなってきた。

加えて、Windows7にしてから使っている「Windows Live メール」が
細かいところでいちいち不便すぎる。とにかく使いづらい。
年度が変わって新しい就活生を受け持つたびに
メールの自動フォルダ分けを設定するのも面倒だし、
いろいろ試した結果、Gmailに完全移行する決心をした。

もともとGmailアドレスに自宅メールを転送させていたが、
それとは別に職場メールもGmailで読むことにする。
ただ、職場メールの転送設定は話が大きくなるので
Gmail設定の「アカウントとインポート」から
「POP3を使用したメッセージの確認」に
これまでメーラーに設定してたサーバーやパスワードを入力し、
Gmailからメールチェックするように変更。

しかし、Gmailアドレスに転送した場合と違って
POP3は新着メールの確認が1時間に1回程度と遅いので
Gmail設定内「Labs」タブの「POP アカウントの更新」を有効にする。
こうすると更新ボタンを押したときに
POP3側のメールチェックもしてくれる。

さらに、ブラウザやExcel上でメールアドレスのリンクをクリックした際に
既定のメーラーではなくGmailが起動するようにするため、
GmailDefaultMaker」をインストール。

これでメール周りはすべてGmailで作業できる。
よくやり取りする相手はGmailでの連絡先に名前を登録し、
その連絡先をiPod touchでも同期しておけば
iPod touchからすべてのメールを確認できるし、
家、職場、iPod touchのいずれかで入力した連絡先は
他のどこでも同様に確認できて便利。

今までは、ネットにつながっていないときに
過去のメールをチェックしにくい、
Webメールは専用メーラーに比べて使いにくい、という印象があったが、
家や職場でネットにつながっていないことは考えられないし、
外でもPocket Wifiがあるのでネットがないことはほとんどない。
それよりも情報が一元管理されているメリットの方が大きく、
最大手のGmailならローカルでデータ管理するより信頼できよう。

いつもブラウザとメーラーを常時起動していたが、
Gmailに統合したことでブラウザのみの起動でいいし、
今後、ネット端末が増えてもとにかくGmailさえ見ればいいので楽。
もう生活をどんどんクラウド化していく。割り切ってしまえば快適だ。