文章力を身に付けたい、向上させたい、という要望はよく聞くが、
そのトレーニング法として必ず挙がっているのが
「とにかくたくさんの文章を書くこと」だろう。

確かに文章をたくさん書く習慣をつければ
文章を書くことに対する億劫さはなくなるだろう。
しかし、文章力を上げる方法としてはまだ不十分だ。

文章力を上げるには「文章力のある人による添削作業」が必須なのだ。
誤字脱字はもちろん、どの部分が読みにくい表現になっているか、
どうすれば読み手に伝わりやすくなるかをチェックし、
適切な文章になるための修正点を指摘される必要がある。
この「執筆」と「添削」の繰り返しが文章力を上げる。

とはいえ、自分の文章を丁寧に添削してもらえる機会は限られるので、
そういう存在がいない場合は、時間をおいて自分で読み返すことだ。
書いた直後は思い入れも強く、自分が何を書いたか知っている状態だが、
期間を空け、書いた内容を一旦忘れた状態にしてから
客観的な視点で自分の文章を読み返すのだ。

この推敲と呼ばれる作業も含めて習慣づけない限り、
いくら文章量ばかり稼いでも、
独りよがりな文章が素早く書けるようになるだけである。