世の中には教師と説教師がいる。
説教師は人にどうしろこうしろと言うが、自分ではそれをやらない人だ。
教師は自分が今やっていること、
あるいはすでにやったことを人に伝える人だ。
      ―――「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」より

先生という立場でなくても、他人に何かを指導するなら
その人自身も同じ努力をしていることを示すべきだろう。

これはオリンピック経験者しか
オリンピック選手の指導をしてはいけない、という意味ではない。
成果を残したかどうか、選抜されたかどうかではなく、
努力したかどうかの部分が重要なのだ。

それ相応の努力をしてきた人の言葉は説得力が違う。
他人にばかり厳しい説教師にならないようにしたい。


こういった内容をまとめたものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932