妖怪ウォッチ ぷにぷに」が面白くなってきた。

最初は「ツムツムそっくりだなー」と思ったし、
(開発会社が共通しているのだが)
つなげた上でさらにタッチする手間が気になったけど、
だんだんと本作なりの強みがわかってきた。

●ツムツムでいうルビーとコインがお金に統合されている
ガチャを回すのもアイテムを買うのも
コンティニューするのも魂(スタミナ)を買うのも
すべてお金一本でいけるのが大きい。

ツムツムだとハート(スタミナ)の購入やコンティニューは
課金によって手に入るルビーでしかできず、
いくらプレイ回数を重ねてもルビーはほとんど手に入らない。
ぷにぷにの場合はお金に統合されているので
それさえ貯めればなんとかなる。

●大量のミッションによってお金が手に入りやすい
適当にプレイしているだけで
いつの間にかミッション条件をクリアでき、
その報酬としてお金が手に入る。
努力をしなくてもどんどん貯まっていくので気楽。

●コンティニューが安い
ゲームオーバーになっても
わずかなお金でコンティニューできるので
強い敵でもゴリ押しで勝てる。

●ガチャを回さなくても妖怪が手に入る
コストの高いガチャを回さなくても
ステージをクリアするだけで妖怪が手に入るので
とりあえずプレイを続ければラインアップが豪華になる。

●プレイする目的が多い
ステージが大量に用意されているだけでなく、
各ステージの三ツ星条件を狙ったり、
妖怪を仲間にしたり、裏ルートを開放したりと
プレイする動機がたくさんある。
===
難点はぷに同士をつなぐ操作がスムーズにいかないところで、
ゲーム中の操作感に関してはツムツムの方が圧倒的に上だ。
「キャラクターがぷにぷにしている」という本作の特徴こそが
指でつなぐ操作性を悪くしているというジレンマがある。

ぷにぷにの制作陣がツムツムを意識していないはずがないが、
うまくストレスがかからない工夫をしていると思う。
特に、資産をお金に一本化した点と
大量のミッションがどんどんお金を生む点は英断だろう。