起業家志望の石田さんと話してみた時のメモ、すごく勉強になる。

アドバイザーは「けんすう」こと株式会社nanapiの古川健介社長なんだけど、
ビジネスマンとしての鋭い意見によって
「大学を中退して起業する」と意気込んでいた若者の
薄っぺらさがどんどん露見していく。

本気で起業するなら学校で習っていなかったことまで自分で調べて
いろいろと行動を起こしていく必要があるはずだけど、
「なんか起業とかカッコいいし」みたいな程度だと
現実の厳しさに狼狽してしまう。

勢いに任せて大きく宣言だけすれば
誰かがお金を貸してくれて、なんかみんな助けてくれて、
異端児なのに成功したという栄光が手に入ると思ってたかもしれないけど、
ビジネスの世界は本当にシビアで、
他人に動いてもらうには成功へ至る説得力が必要だ。

「きっちり決めたら?」「すぐに行動したら?」
「ちゃんと調べたら?」という超現実的な視点でのツッコミは
実際に事業を成功させるための優しいアドバイスにあふれているんだけど、
若者は夢から覚めたくなかったのかもしれないな。