「独自の問題解決集団をつくることはできるし、つくるべきです。
 メンバーに必要な資質は、
 1.その人がいることによって
   自分が賢く考えられるようになることと、
 2.短い時間でたくさんの解決策を提案できることです」
             ―――「ピクサー流 創造するちから」より

問題点を見い出す作業の場所で
不満に対してただ文句を言うだけの人がいるが、
問題解決の場に必要なのは
何が問題なのかを的確に分析する能力と
解決までの道を加速する能力だ。

問題提起をしているような顔をしているくせに
不満をまき散らしてストレス解消するのが目的の人には関わらない方がいい。
自分がいかに不快に思っているかを長々と演説するのではなく、
何が問題なのかを他人と共有するべく説明できることが大切だ。
問題解決が得意な人は周囲の能力を引き出す力がある。


こういった内容をまとめたものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932