そろそろ世間の就活生は
不合格の連打を浴びて疲れてくる時期だろう。
「どこでもいいから内定したい」とも思い始める時期なので、
就職先を妥協したくなる気持ちがよぎるだろう。

しかし、市場原理的に言えば
「人手よりも能力を期待されて雇われる方が効率的で楽に稼げる」
のだ。

「特別な能力がいらない誰にでもできる仕事」というのは
誰にでもできるからこそいくらでも代わりがいるし、
誰にでもできるからこそ報酬は安くなるし、
誰にでもできるからこそたいした成長はできない。

単なる人手としか見てくれない仕事よりも
自分の能力が求められる仕事の方が割がいいのだ。
がんばって能力を伸ばしておく方が結果的に楽ができるし、
能力を買ってくれる仕事にしておく方が結果的に楽に稼げる。


こういった内容をまとめたものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

将来に悩む学生に伝えたい55のアドバイス
(2016-04-23)
売り上げランキング: 159,032