日本のケースをみると、貯蓄率が高すぎる国では
かえって生活水準が低下する場合さえあることがわかる。
    <<中略>>
最近のデータを踏まえて、こう確信している。
日本の高い貯蓄率は経済成長にほとんど貢献していない。
               ―――「株式投資の未来」より

金利が低すぎる今、資産を増やすには
収入を上げるか投資をするしかない。

細かい節約は手間がかかるばかりでほとんど効果がなく、
必要なときに出費する勇気を奪う。
せっせと貯金する姿は一見、真面目だが
投資に使える貴重な時間を失っているだけだ。


私が資産運用に関して猛勉強した内容を
初心者でも理解できるようにまとめた本が
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

資産運用に無関心な人が読む本
(2016-08-03)
売り上げランキング: 7,129