たとえ興味がない題材であっても
説明さえうまければ面白く感じさせることができる。
「世界一受けたい授業」などはその好例で、
知識や興味のない人でも
とりあえず話を聞き続けたくなる魅力を出している。

内容が退屈に感じるのは説明が下手だからだ。
もし面白くない授業があるなら、
聞いている側の集中力のせいではなく、
説明している講師の腕が不足していると思った方がいい。