他人のことを頻繁にバカにする癖のある人は
自分も他人からバカにされるのではないかと恐れて
目立った行動を何も起こせなくなる。

「人間はミスや妙な点をバカにするもの」という認識が
刷り込まれてしまっていて、
自分自身がミスや低い成果を出すのが怖くなるのだ。

常に人の悪いところに着目するような人は
どうせたいした成果を生まないので、
距離を置いてしまった方がいい。