商業ビル内での脱出ゲームから期間が空いたが、
大好きなジョジョを題材にしたリアル脱出ゲームに挑戦した。

リアル脱出ゲーム 感想その9
ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出

小冊子に書かれた謎に従い、遊園地の中を移動しながら
目的のスタンド能力を手に入れていく。
要所要所で観せられる動画は
テレビアニメを編集してアフレコし直した内容で
なかなかうまく物語の説明をしてくれる。

キャラクターだけでなく、ストーリー展開やスタンド能力も
ジョジョの世界観をかなり忠実になぞっているため、
ジョジョ第4部に関するある程度の知識は必要。

リアル脱出ゲームとしての難易度はそれほど高くないが、
アトラクションに乗らないと解けない謎があるなど
遊園地という舞台を活かした流れは面白い。
その際も絶叫系アトラクションと子供向けアトラクションの
どちらでも同じ答えが得られるようになっており、
怖い乗り物が苦手な人でも問題ない。

パーク内にはジョジョファンお馴染みのオブジェがあったり、
ベンチがたくさんあって休みたいときに休めるので
自分のペースでゆっくり楽しめるのが嬉しい。

ただ、次の謎をもらうときにスタッフの手を借りる必要があり、
しかも1グループずつしか対応できないため、
そこがかなりの行列になってしまうのが辛かった。

謎解きそのものはクリアまで3時間程度だったが、
列に並んで待っている分で1時間以上も余分にかかった。
炎天下でひたすら待っている時間はかなり辛かった。

とはいえ、わずか800円という参加料を考えると
かなり楽しめる内容だった。
終盤の謎もヒントなしでギリギリ解けるレベルで、
解き終わったあとの満足感は高かった。