9割以上のマンションが「修繕積立金破綻」の危機

私が賃貸派であるのもこのあたりの問題が大きい。
そろそろあちこちのマンションで
修繕費に絡むトラブルが噴出しそうな気がする。

「老後に備えて持ち家を確保しておきたい」と
ローンを組んでマンションを買う人は多いが、
いざローンが終わるという時期に
今度はマンションのメンテナンスが必要になる。
やっと自分のものになって出費が抑えられると思ったら
今度は修繕費の問題が出てしまうのだ。

果たしてすべての住民がきちんと修繕費を収め、
またその合計が必要経費を上回るのだろうか。
修繕工事は建物全体におよぶので
自宅分の費用が捻出できたとしてもどうにもならない。
満足な修繕ができなければ老後の住まいとしては不安だろうし、
修繕がされていないマンションは売るにも苦労するだろう。

「どうせなら家賃よりローンを払う方がいい」と言う人は多いが、
このあたりのリスクをすべて家主に押し付けられる賃貸住宅は
いろいろなリスクを回避しやすい身軽さがある。