なぜか対談形式の記事を読むのが耐えられない。

雑誌などで段落の先頭に人名が付いてて
聞き手と話し手の会話が交互に書かれているのも苦手だが、
特にWeb上での対談記事は読もうとして
何行か読み進めるも、中身がなく
非常に退屈な印象にかられてすぐ閉じてしまう。

会話の内容をほとんどそのまま記録した文章の方が
書き手の勝手な主観が入らずに
話し手のリアルな話が読み取れる気がするのだが、
聞き手側の返答が自分の聞きたいことと違ったり、
不要な雑談部分が混ざっていたりして
文章量に対して情報価値が低い気がしてしまう。

結局は自分と考え方の合う書き手が
ある事柄に対して一気にまとめた文章の方が好きだ。