ノートの取り方を知らない学生が増えている。

勉強ができない学生は毎年、一定の割合でいるが
最近特に「ノートの取り方を知らない」学生が多い気がする。
それは、「勉強のやり方をわかっていない」のと同義だ。

以下のような「ノートの存在意義」がわかっていなければ
ノートのレイアウト術などをいくら調べても無駄である。

■ノートの使い方 その1■
講師が説明した内容のうち、口頭説明・板書に関わらず、
必要と思われる情報
をノートに記録する。

一番大切なのは、講師の発信した情報の中から
重要と思われるものを「自分で」判断するところにある。
それが板書なのか口頭なのかは伝達方法の違いであって
情報の価値とは無関係である。
(むしろ、口頭のみでポロリと漏らした情報こそ
 重要な場合が意外とある)

勉強ができない人は授業が始まって講師が熱心に説明していても
黒板に何か書かれない限り、知らなくていい情報だと思っている。
そうやってものすごく重要で有益な情報を聞き流し、
話の途中で黒板に書かれた
単体では意味のない単語や図を熱心に写し取る。

ここが「書籍」と授業との一番の違いで、
書かれているものがすべてである書籍と混同し、
授業でも文字情報のみが重要と考える人は勉強ができていない。
最近では休み時間の間に黒板の内容を
カメラで撮る学生がいるが、これもまったく意味がない行為だ。

勉強のできる人は授業が始まると、まず「聞く」。
しっかり聞いて理解し、「これは覚えておくべきだな」と判断したら
ノートに記録していく。だから情報が一度、脳みそを通る。
(そして重要な情報を説明している際に
 前を向いて聞いている学生は「できるヤツ」だと講師にもわかる)

※勉強ができない人の勘違い
●黒板に書かれた内容だけを
 忠実にノートに記録すればよいと思っている。
●口頭でのみ説明された内容はあまり重要でないと思っている。
●黒板に書かれた情報はすべて重要であると思っている。

勉強できない人は勉強ができる人の「結果」だけを真似ている。
「勉強できる人を見ると一生懸命ノートを取っているようだ」
→「だから自分もノートをがんばって取れば勉強ができるはず」
などと考えている。

しかしそれは
「満腹な人の前には空の皿がある」
→「自分の前にも空の皿を置けば腹がふくれるはず」
という発想にすぎない。
結果が同じでも過程は伴わないのだ。

■ノートの使い方 その2■
あとから情報を引き出しやすいように記録する。

ノートとは「補助記憶装置」である。
自分で記憶しきれないものを記録し、
必要なときに情報を取り出すために使う。

その目的さえ達成できるなら、ノートじゃなく
パソコンやiPadに打ち込んでも構わない。
極端に言えば、必要な情報をすべて暗記し、
速やかに取り出すことができるならばノートは不要である。

※勉強ができない人の勘違い
●授業の黒板を写し終わった段階で
 ノートの役目が終わったと思っている。
●汚い書き方でもとにかく授業中に
 ノートを書いていることが大事だと思っている。
●黒板に書かれた順番通りに
 上から順に記録すればよいと思っている。

授業で説明された内容は、ほとんどの場合において
のちに利用する情報である。
近い将来、必要になったタイミングで速やかに取り出せる工夫をし、
調べた項目だけでなく、関連する情報も含めて
読み取れるような記録の仕方を目指すべきだ。

情報を取り出す際のことを考えずに記録されたノートを
テスト前に熱心に読み返したところでまったくの無意味である。

こういったノートの使い方は本来、
小学校の課程で身に付けるべきだが、
指導の仕方によって正しい使い方を意識できなくなる。

私が小学生の頃、授業後に生徒のノートを回収して
きちんと書けているかチェックする先生がいたが、
記録の仕方・必要性は個人によって異なるので
生徒たちのノートを同じ視点でチェックしても意味がない。

先生のやり方と違うというだけで叱ったりすると
「黒板の内容をノートに記録するのが勉強するということなんだ」
「ノートさえ写していれば怒られないんだ」という勘違いを生む。

それよりも、自分のノートを自由に見てよいというルールのもと、
試験をやらせてみるべきだろう。
試験で問われた問題を解決するために
ノート(または暗記した内容)から
正しく情報を取り出せているならば問題ない。

また、ノートを見たにも関わらず問題が解けなかった場合、
どういうノートを書くべきだったか、
自分の記録で不足していた情報が何かを認識できる。

現在、学生という立場で
上記のような「間違ったノートの使い方・とらえ方」に当てはまる人は
速やかに意識を変えた方がよい。
今のままではいくらがんばっても
無駄に紙を浪費しただけのノートしか生まないし、
その作業と「勉強する行為」とは無関係だからだ。


この記事をベースに加筆・修正したものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

将来に悩む学生に伝えたい55のアドバイス
(2016-04-23)
売り上げランキング: 157,789