セルフ祭セルフレポート その5

長々と続いたセルフ祭レポートもラスト。
わずか100メートルほどの間に見所ありまくり。

立ち寄ってすぐのときにはあまりの手作り感に
近所の小中学生の企画かなぁ、と思ったけど
かなり飛び抜けたセンスの一面があって、
「これは一周まわった人がたどり着いた境地だな」と気づいた。

一番目を引いていたのは「ミノムシ男」だろう。
どうやって登ったのかわからないが、かなりの高さ。

一応、左腕だけは出ていて、
スマートフォンの操作ができるようになっている。
そこでTwitterでつぶやいたり、下を通る人と会話したりしてた。

たくさんの写真を載せたけど、撮影するのに勇気が足らなくて
残念ながら紹介できていないポイントもまだまだあった。

わずか3日間だけの開催だったようだが、
シャッター通りの新しい可能性を見た感じで
こういう企画もアリだな、と思った。