「本当に困ったらこれを開けなさい。
 そのときお前を助けてくれるものが入っている」

アニメや映画で、こんなセリフを言いつつ、
保護者的な存在の人物が
主人公に小袋や封筒を渡す展開がよくある。
(そしてその後、主人公に危機が訪れたときに
 しまっておいた袋がポトリと目の前に落ちる)

これを実際にやろうとするとかなり難しそうだ。

これからその人に起こるであろうトラブルを予測し、
(この時点でトラブルが起こらない対策をして欲しいものだけど)
そのトラブルに対処するためのアイテムを入れるなんて。

実際にやってみた。

もし今後、お前に困難が訪れ、

どうしても自分の力で乗り越えられないときは

この封筒を開けなさい。

そのときにお前を助けてくれるものが入っている。