グアム実弾射撃体験(G.O.S.R) その6

ショットガンを撃ち終わった段階で私の分は終わりだったが、
スタッフが何やらガチャガチャと銃を組み立て出した。

やたらデカく、やたら派手な風貌。
銃身の先端部分を見ても普通じゃないことがわかる。

この馬鹿デカい銃は「バレットM95」というもので、
車両や遮蔽物を貫いて目標を狙撃できる対物ライフルである。
同じグループの人が注文したようだ。

弾はなんと50口径。直径13ミリにもなるこの迫力。
時速1500キロほどで撃ち出され、2キロ先の目標でも狙えるらしい。

威力も大きく、すぐ背後にいると発射ガスを喰らうので
数メートル離れて見る必要がある。

身構えていたにも関わらず、発射の瞬間、
全身に風を感じてぐらつきそうになった。大迫力。
イヤーマフ越しに「ドオン!」と砲撃音が聞こえた。

このバレットも含め、全部ではないものの
いくつか動画に撮ったものを1分程度にまとめてみた。
音と反動は動画の方がよく伝わるだろう。
(私が撃ったもの以外も含まれてます)

特にラスト、爆音と大衝撃とともに
50口径を放つバレットM95は見もの。ぜひ見て欲しい。

ずっと緊張感に包まれ、銃を撃つたびに
顔が汗でびっしょりになるほどだったが、
終わってみると90分しか経っていなかった。

銃というと危険で怖い印象もあるが、
自分の手でそれを扱い、的を狙う難しさと
発砲の衝撃を味わうのは本当に楽しい。

神経をギリギリまで使ったこれだけ濃い時間が
200ドルちょっとで体験できたのは安かった。
グアムに行く機会がある人にはもれなくオススメしたい。

実弾射撃以外のグアムレポートは別記事