奨学金435万借りた17歳に34歳の私が言ってやりたい7つのこと

いやホントに、奨学金の重さを
どうやったら学生に伝えられるんだろう。

さんざん言われているように返還義務のある借金を
「奨学金」と呼称すべきでない、という意見には同意する。
「奨学金を借りれば大丈夫」などと
ボールペンを借りる程度の軽さで言う人がいるけど、
卒業後、何歳まで借金が残るのか、それを返すために
いくら以上の収入をキープし続けないといけないかを教えるべき。

家や車のローンを組むときには熟考するのに
学費に関しては数百万の借金契約を気軽に結んでしまうのはなぜだ。

「月○万円」という言葉を所持金へのプラスアルファと考えて
「じゃあなんとか生活していけそう」と予定を組んだりするが、
それは在学中の生活設計なだけであって、
将来の収入から継続的にマイナスが発生したときに
生活していけるかどうかは何も考えられていない。

借金をしてでも通いたい学校なのかどうかを
入学前にもっと考えなければならない。
アルバイトで疲れて学校をサボることが
どれほど無意味なことなのかを考えなければならない。

また、奨学金を借りずに済んだ学生も
保護者が長期に及ぶ我慢や苦労をして貯めてきた
それだけの大金を遣っているのだという実感を持たなければならない。

「生活の心配をせず勉強だけをしていられる身分」というのは
思っている以上に高い買い物なのだ。