親の影響もあってか、昔から本をよく買う。
といっても小説はほとんど読まず、
その時間は映画やマンガを楽しむ時間に充てている。

本として読むのは実用書関係だ。
ある情報について解説したものや
ある人が考えた理屈、経験談、そういうものが好きだ。

人によって本を読む人と読まない人にきっぱりと分かれるが、
時間を有効活用したいなら本は有益だと思う。

何かを習得したいときに自分でやり方を模索するより、
模索された上での結論が書かれた本を読む方が早い。
ある事柄が理解できないとき、違う方向から説明した本を読むことで
一気に理解が進むことがある。
自分自身で何もかも経験するには時間が足らないが、
誰かの経験を書いた本を読むことで、ある程度は追体験できる。

本を読む時間を割り当てるのがもったいない、
と考える人もいるが、実は逆なのだ。
本を読むことで、生きてきた時間よりも
長い時間に相当する情報と経験を持つことができる。
しかも得られる情報に対して安価である。

ただ、つまらない本を読むのは無駄でしかない。
イマイチだとわかった時点でその本を読むのはやめ、
つづきを読むはずだった時間で別の本を読む方が意味がある。
また、本に書いてあることがすべてではないし、
すべての本が正しいわけではないことも自覚しておくべきだ。

私はマンガが大好きだし、そこから得た知識も役立っている。
私自身はあまり読まないが、小説も面白いんだろうとは思う。
ただ、そういったストーリーを楽しむための本と
情報を伝えるための実用書とは別に考えた方が良い。

もし視野や知識を広げたいなら
いろいろな実用書も読んでみよう。


この記事をベースに加筆・修正したものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

必要とされる社会人になるための31の決意
(2016-05-07)
売り上げランキング: 123,932