パソコンもインターネット環境も持っておらず、
たまに旅行に行ってデジカメで写真を撮る程度、という義母に
CanonのCP910というプリンターをプレゼントした。

これが思ったよりもピッタリの商品で、
マンガ本より一回り大きい程度のサイズしかない上、
専用の写真紙とインクのカセットをそれぞれ挿入するだけ。
紙とインクの消費量は連動しているので、
紙だけがなくなった段階でインクも交換する。

SDカードを挿し、写真を選んでOKを押すと
プリンター本体を用紙が貫通した形で
何度か往復しながら印刷が完了する斬新な仕様。
(本体の前後どちらかから常に紙がはみ出ている)

iPhoneで撮った写真を印刷する場合は無線接続となるが、
プリンターを擬似的なWifiスポットにできるので、
Wifi環境がない家でもiPhoneとプリンターが直接つながる。

かなり機械に弱い義母で、家電屋の店頭にある写真印刷の機械は
他の客もいるのでササッと操作できない自分は焦る、と嘆いていたが、
家でじっくり、しかもインスタントカメラ並みの手軽さで
写真印刷できるのでかなり気に入っているようだ。

パソコンを持っていないとか、本格的なプリンターは不要だが、
撮った写真をちょっと印刷して
誰かにあげたい、などという人には超オススメです。