ルンバをはじめとするロボット掃除機の必要性には今まで懐疑的で
店頭で見かけても
「時間がかかりすぎるし、ブラシの動きも雑だし」
と冷めた目で見ていたのだが、
ふとしたきっかけでシャープ製のものが手に入ったので
試しに使ってみると印象が激変した。

週末に掃除機をかけたばかりで綺麗に見える部屋でも
しばらく動かしてみるとビックリするほどホコリが取れる。
テレビの邪魔になるぐらいの騒音を発するが、
外出する間際にスイッチを入れていけば
帰ってきたときには綺麗になっているし、
それによって普通の掃除機を取り出す手間がなくなるのは大きい。

衝突センサーや落下センサーがついているものの
タオルやコード類を巻き込んでスタックしたり、
ベッド下の微妙なスキ間に挟まって止まってることがある。
不思議なもので、一旦、愛着が湧くと「バカな犬ほどかわいい」理論で
「仕方がないなぁ」と手を貸してしまう。

「掃除機が動きやすいように
 部屋を片付けるようになる」という話を聞いたときには
「じゃあ自分で掃除するのと変わらないじゃないか」と思ってたのに、
今ではロボット掃除機の行動特性を予測し、
エリア内にある障害物を移動させるようになってしまった。
より完璧な仕事をこなしてもらうために協力してあげるイメージだ。

2週間ほど使っただけなのに満足度が高くて
同じものを実家に送った。母、大喜び。

たとえ部屋が狭くても定期的に掃除機をかけることに
面倒を感じているならオススメです(今さらですが)。