就活後ろ倒しの実態 その1

学生を学業に専念させるためという名目で
2016年卒の学生から就職活動が後ろ倒しになったが、
毎年、就職活動の学年を受け持っている身として書いておく。

就職活動が学業に影響を与えるのは事実で、
授業を抜けたり学校行事に参加できなかったりする。
ただ、大学生や専門学校生の大半は
希望の就職を果たす目的で入学してきたはずだし、
就職活動の期間を短くすると競争が激しくなり難易度が増すので、
後ろ倒しは就活生にとってのデメリットも多い。

学校の方も就活と並行して授業を進める覚悟をしているし、
就活スケジュールが変わると
今までのノウハウを再調整する手間がかかるので面倒だ。

そもそも就活時期後ろ倒しのルールは経団連が決めただけであり、
団体に加盟している企業以外には無関係なものだ。
つまり、ルールに縛られない会社とそうでない会社が混在するため、
市場での採用活動は早く始まり遅くまで続く「長期化」になる。

また、ルールを守って採用活動を遅らせるはずの会社も
他社が就活生を採っていくのをボーッと眺めてたりはしない。

その2へつづく。


この記事をベースに加筆・修正したものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

将来に悩む学生に伝えたい55のアドバイス
(2016-04-23)
売り上げランキング: 157,789