わたしの若い友人に、小説家になることを夢見ながら、
なかなか作品を書きあげられない人がいます。
彼によると、仕事が忙しくて小説を書く時間もままならない、
だから書き上げられないし、賞の応募に至らないのだそうです。

しかし、はたしてそうでしょうか。
実際のところは、応募しないことによって
「やればできる」という可能性を残しておきたいのです。
人の評価にさらされたくないし、
ましてや駄作を書き上げて落選する、という現実に直面したくない。
時間さえあればできる、環境さえ整えば書ける、
自分にはその才能があるのだ、という
可能性のなかに生きていたいのです。

おそらく彼は、あと5年10年もすれば「もう若くないから」とか
「家庭もできたから」と別の言い訳を使いはじめるでしょう。
                    ―――「嫌われる勇気」より

さんざん話題になっているのを知りながら
なかなか手を付けなかった本。こんなに読みやすい内容とは。

書かれている事例はまさに人間心理の本質、といった感じで、
前向きな行動をちっともしないまま
ひたすら言い訳を探すことに労力を割いている人は実際にいる。

行動すれば成功か失敗かの答えが出てしまう。
成功する自信がないから、結果が未確定のまま先延ばしにし、
「本気でやればできるんだけど」という言い訳で自分をだます。

しかし実際には先延ばしにできていない。
行動しないことが失敗そのものなのだ。


こういった内容をまとめたものを
Kindleで読める電子書籍として発売中です。

将来に悩む学生に伝えたい55のアドバイス
(2016-04-23)
売り上げランキング: 159,032