Wonder

2017年5月23日10:13【カテゴリ : 書籍(は~わ行), 英語読書
Wonder
Wonder
posted with amazlet at 17.05.09
Knopf Books for Young Readers (2012-02-14)

顔に障害があることで周囲から奇異な目で見られ続けてきた少年が
ミドルスクールへと入学する話。

10歳の普通の少年が、顔に負った障害のおかげで
いかに辛い想いをしているか、
慣れてしまうほど嫌な経験を体験しているか、
特別視されないことに価値を感じているかが伝わってくる。

また、彼の身近にいる人物の感情に関しても描かれており、
特に家族がいかに彼のことを想っているかという部分はグッとくる。
読み進めるごとにそれぞれの思惑が見えてくる見事な構成。

ページ数も多く、英語読書としては中級者以上向け。
最初はかなり読みやすいが、姉であるViaの章の入ると
急に難しい単語と文構造になって苦労した。

重い設定ではあるものの、
読み始めた瞬間に魅力的な本であることがわかる傑作。
英語が苦手なら日本語版でぜひ読んで欲しい。


紙の月<テレビドラマ版・全5話>

2017年5月22日10:49【カテゴリ : DVD(か・き)
紙の月 [DVD]
紙の月 [DVD]
posted with amazlet at 17.04.03
NHKエンタープライズ (2014-10-24)
売り上げランキング: 47,563

大人しく気弱な銀行員の女性が、
徐々に悪事に身を染めていった経緯を描いた話。

先に映画版を観たが、ドラマ版に関しては
横領に手を染め、それが発覚することが
冒頭から明かされている点が非常に残念。
自己主張の薄い主人公がふとしたきっかけで
悪事を大胆に働いていくところが見せ場なのに、
観ている側を序盤から身構えさせてしまう構成はもったいない。

頻繁に友人側の描写があるのは余計に感じるし、
時系列を入れ替える必要性も感じない。
全体的にテンポが悪すぎて中だるみが激しいし、
主人公を擁護する空気が強すぎて生ぬるい。

映画版と比べ、毒気がなさすぎて
緊迫感もカタルシスも感じない駄作。残念。

【関連作品のレビュー】
紙の月(劇場版)


マンガで分かる肉体改造<糖質制限&肉食主義編>

2017年5月21日10:36【カテゴリ : マンガ(ま行~わ行)

ダイエットをするにあたって、糖質を含めた各種の栄養素が
どういった働きをしているかをマンガで説明したもの。

炭水化物を軸とした糖質を制限するダイエットが流行になっているが、
なぜそれが脂肪を減らすことになるのかという仕組みや、
たんぱく質・脂質などの栄養素がどういう効果を生むのかを
非常にわかりやすく説明していく。

解説中心なので文字情報は多いが、
イラストで細かく表現される分、イメージがつかみやすい。
ただ、頻繁に挿入されるボケは好みが分かれるところで、
合わない人は何度も寒いギャグを味わうことになる。

また、ダイエットに関するこういう理屈は
それぞれ言い分が異なるところがあり、
本書も含めて何が正しいのかイマイチ判断がつかない。

普通に暮らす以上、米、パン、小麦粉など
主食を避けた食生活を維持するのは非常に難しく、
糖質制限をし続けるという提案は無理があるようにも思った。


聲(こえ)の形

2017年5月20日10:13【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
映画『聲の形』Blu-ray 通常版
ポニーキャニオン (2017-05-17)
売り上げランキング: 25

耳の聞こえない少女を軸に、
いじめた側といじめられた側の想いを描いた話。

マンガを原作にアニメ化したものだが、
全7巻というボリュームを2時間に収めたためか、
原作に比べて非常に薄っぺらく、期待ハズレだった。

特に登場人物の描き方が浅く、仲の悪かった者同士が
なぜ突然に和解できたのかが伝わって来ない。
人物の一方向しか描かれていないため、
嫌な人物がただ嫌な人物として映ってしまう。

肝心な部分で説明不足な箇所もあり、
全編通して嫌な気分・辛い気分ばかりを味わうことになるし、
実感できないまま登場人物たちの仲が深まっていったような印象。

こういった仕上がりになるなら、映画ではなく、
全10話程度のテレビアニメとしてじっくり描いて欲しかった。
映画版に満足した人にもそうでない人にも、
原作マンガを強くオススメしたい。

【関連作品のレビュー】
聲の形(マンガ)


アドルフに告ぐ<全5巻>

2017年5月19日10:34【カテゴリ : マンガ(あ行・か行)
アドルフに告ぐ 1
アドルフに告ぐ 1
posted with amazlet at 17.04.28
手塚プロダクション (2014-04-25)

ヒットラー率いるドイツ軍が世界を席巻する第二次世界大戦の中で、
ドイツ人、日本人、ユダヤ人の生き様を描いた話。

一気に話に入り込める最高の導入部から始まり、
常に最大の勢いで展開されるストーリーが素晴らしい。
感情移入しやすいキャラクターがあふれる中、
戦争の大局ではなく、戦時下での市民に焦点を当て、
人種による違いに苦しめられる人々の様子を描く。

全5巻という短いボリュームながら密度が濃く、
すべての要素が綺麗に結びつきながら
大きな時間の流れを感じることができる。
予備知識なく楽しめる大人向けの名作。


僕の彼女を紹介します

2017年5月18日10:31【カテゴリ : DVD(ふ・へ・ほ)
僕の彼女を紹介します 通常版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005-04-22)
売り上げランキング: 34,594

女性警察官が誤認逮捕をきっかけに
高校教師の男性と付き合い始める話。

恋愛映画である割に主人公2人に感情移入しにくく、
乱暴で勝手な言動がどうも好きになれなかった。
ふたりが惹かれ合う様子があまり描かれないまま
唐突に恋人宣言がされてしまうので、どうにも説得力を感じない。

妙に安っぽい演出が多く、つまらないコメディ要素にも笑えない。
場面が飛んだのではと思うぐらい唐突な展開があったり、
強引で無理がありすぎるストーリーにもついていけなかった。

【関連作品のレビュー】
猟奇的な彼女


日本人嫁、英国に住んだらツッコまざるをえなかった

2017年5月17日10:08【カテゴリ : マンガ(な行・は行)

家族でスコットランドに住んでいる日本人女性が
その日常生活を描いたコミックエッセイ。

外国との文化的な違いを紹介するマンガはよくあるものの、
この本は本当にただ淡々と紹介しているだけで面白くない。
特に登場人物に魅力がなく、家族の紹介も下手なので
周囲にどういう人たちがいるのかがイマイチつかめない。

黒目・白目で描かれた顔の描き方も好きになれないし、
作者のツッコミがどうにも意地悪で笑えなかった。


ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

2017年5月16日10:18【カテゴリ : DVD(さ・し)
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
パラマウント (2017-04-12)
売り上げランキング: 59

アウトロー」につづく「ジャック・リーチャー」シリーズ第2弾で、
冤罪で囚われた少佐を救うために真相を追う話。
エピソードは完全に独立しているため、前作の視聴は不要。

面識のない少佐との会話に加え、
その部下や新しい少佐、弁護士と脇役が一気に出てくる上、
娘の話まで絡んでくる序盤はいろいろとわかりにくい。
その割に大したストーリーではないため、
もう少しスムーズに説明して欲しかったところ。

単独のアクション映画としてはそれなりに楽しめるものの、
前作ほどの魅力や没入感を感じられず、
クライマックスも非常に地味だった印象。

1作目につづいてシリーズを一気に加速して欲しかっただけに
あまりパッとしないデキだった今作は残念。

【関連作品のレビュー】
アウトロー


イノサン<1~6巻>

2017年5月15日10:08【カテゴリ : マンガ(あ行・か行)
イノサン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2014-05-15)
売り上げランキング: 12,354

マリー・アントワネットが生まれた18世紀のパリを舞台に、
処刑人の役目を受け継いだ青年の苦悩を描いた話。

処刑にまつわるストーリーや描写はかなりエグく、
残酷な死刑や拷問の場面もかなり具体的に描かれているので
そういったグロテスクな表現が苦手な人は受け付けないだろう。
1コマ1コマが大きく、ページの消耗が激しいが、
それを活かした素晴らしく緻密で美麗な絵に見とれてしまう。

残酷なのに美しいという独特の作風で、
その圧倒的な雰囲気に浸りながら読むマンガ。


ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー

2017年5月14日10:10【カテゴリ : DVD(ら行・わ行)

映画「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品で、
超兵器デス・スターの設計者をめぐる争いを描いたもの。

時系列としては「エピソード4」の直前となり、同作の視聴は必須。
今後に何が起こるか知っている立場だと
これまでの要素が伏線として活きる構成になっている。

ただ、所属上は帝国軍でありながら
反乱軍に味方している人物が多く、
人間関係やそれぞれの立場を理解しにくかった。
また、ひとりひとりの個性が薄すぎて感情移入できず、
肝心な場面でもあまり応援したい気持ちにならなかったのも残念。

帝国軍のストームトルーパーも弱すぎるし、
無意味な消耗戦やありきたりな展開も多すぎる。
没個性すぎる登場人物ではなく、
もっと1本の映画として入り込める仕上がりにして欲しかった。

【関連作品のレビュー】
スター・ウォーズ<エピソード4>新たなる希望(映画)
スター・ウォーズ<エピソード5>帝国の逆襲(映画)
スター・ウォーズ<エピソード6>ジェダイの帰還(映画)
スター・ウォーズ<エピソード1>ファントム・メナス(映画)
スター・ウォーズ<エピソード2>クローンの攻撃(映画)
スター・ウォーズ<エピソード3>シスの復讐(映画)
スター・ウォーズ<エピソード7>フォースの覚醒(映画)
スター・ウォーズ : クローン・ウォーズ(CG映画)
親指ウォーズ(パロディ映画)
スペースボール(パロディ映画)
ファンボーイズ(コメディ映画)
Star Wars:The Force Unleashed(ゲーム)
LEGO STAR WARS : THE COMPLETE SAGA(ゲーム)
LEGO STARWARS 3 : The Clone Wars(ゲーム)
Kinectスター・ウォーズ(ゲーム)
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)(パロディ絵本)
ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア(パロディ絵本)
おやすみなさいダース・ヴェイダー(パロディ絵本)