図解 モチベーション大百科

2017年6月27日10:00【カテゴリ : 書籍(さ~な行)
図解 モチベーション大百科
池田貴将
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 136

さまざまな心理学実験をもとに
人々の反応や考え方を考察したもの。

ひとつの考察が1~4ページ程度と短く、
非常にテンポよく読めるのが気軽でよい。
条件や状況が少し変わるだけで人々の反応が変化するのが面白いし、
そう感じる理由にも共感できるので説得力がある。

文章による解説にアイコン的な挿絵が添えられているだけなので
「図解」というにはちょっと無理があった。
また、ある考察が別のページの考察と矛盾している部分もあり、
結局どうすべきか判断しにくい、ということもあったので
あくまで参考程度の読み物として楽しむのが正解だろう。

1冊で何百という心理学実験に触れることができ、
仕事や生活の中で活かせそうなトピックが詰まっている。


キズナイーバー<全12話>

2017年6月26日10:06【カテゴリ : DVD(か・き)

数人の高校生が痛みを共有する手術を受け、
課せられたミッションに苦労していく話。

性格の異なる仲間同士の関係は
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を連想させる。

誰かが感じた痛みを他の全員も共有するという設定は
単純ながらも面白く、誰がどういう事情で
痛みを感じたのか推測する楽しみがある。
ただ、最終的な目的がハッキリせず、
なにを目指して話が進むのかがわからないのでつかみどころがない。

キャラクターそれぞれの魅力を理解しないまま後半になってしまい、
話の筋道をさらに見失ってしまって面白く感じなくなった。
いつの間に仲間同士の友情が強くなったのかもわからず、
どうにも展開に納得できなかったのが残念。


100円ちゃりんちゃりん投資

2017年6月25日10:19【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
100円ちゃりんちゃりん投資―100円が101円になれば大成功!
プレジデント社 (2017-05-31)
売り上げランキング: 49,365

お金を殖やしていくことに不慣れな人向けに
さまざまな方法を提案した本。

株式や投資信託などを噛み砕いて説明する本かと思ったが、
各店舗のポイント制度や金券ショップの利用など
投資という言葉に含めるには無理があるものが大半。
果ては中古品の譲り合いや親のスネかじりなど
やたらみみっちい節約理論まで始まる始末。

本来の投資活動について紹介している第3章は説明不足すぎて
入門者はこれだけでは理解することができない。

1円でも増えれば価値があると書いてあるが、
月々数百円の投資を10年も続けて
3000円に満たない生協の配当金を得て何の意味があるのだろう。
投資活動において、もっとも貴重なのは時間であり、
少額でダラダラと小さい利益を求めても結局はインフレ率に負けてしまう。

100円が101円になったところで
生活レベルは変わらないし、精神的な安定が得られるわけではない。
本気で経済的自由を手に入れたいなら
毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」や
資産運用に無関心な人が読む本」を読んで、
1日でも早く実用的な知識を身につけ、
すぐにでも具体的な投資活動を始めるべきだ。


キャビン

2017年6月24日10:54【カテゴリ : DVD(か・き)
キャビン スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2015-06-02)
売り上げランキング: 3,295

山奥の小屋に出向いた5人の若者が
ある策略によってさまざまな恐怖体験をする話。

キャラクターもストーリーもありきたりで古典的だが、
それが絶妙なパロディになっているところが斬新。
黒幕側の語りが長すぎるのと、
意味ありげに見えて何もない石版は余計だった気もするが、
終盤のエレベーターシーンはものすごい贅沢さで圧巻。

ホラー映画の有名どころを知っている人ほど面白い造りになっており、
ストーリーの妙やどんでん返しを期待するのではなく、
パロディだと割り切ってしまった方が楽しめる作品。


1日外出録ハンチョウ<1巻>

2017年6月23日10:50【カテゴリ : マンガ(あ行・か行)
1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2017-06-06)
売り上げランキング: 1

賭博破戒録カイジ」で描かれた地下施設において
チンチロリンでカイジと勝負した班長を主人公にしたパロディ作品。

大金を稼いだ者だけが手に入れられる外出券を使い、
充実した1日を過ごす班長の様子を描いていく。

中間管理録トネガワ」と同様に、原作そのままの絵柄とコマ運びで
班長独自のこだわりをひたすら語る展開が新鮮。
食事にこだわる描写が多く、「孤独のグルメ」のような面白さもある。

カイジ好きだけが楽しめる完成度の高いパロディ。オススメ。

【関連作品のレビュー】
賭博黙示録カイジ(マンガ)
賭博破戒録カイジ(マンガ)
賭博堕天録カイジ(マンガ)
逆境無頼カイジ(アニメ)
カイジ 人生逆転ゲーム(映画)
中間管理録トネガワ(パロディマンガ)


銭の戦争<全11話>

2017年6月22日10:58【カテゴリ : DVD(す・せ・そ)
銭の戦争 Blu-ray BOX
銭の戦争 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.04.18
ポニーキャニオン (2015-07-15)
売り上げランキング: 49,689

一気に財産を失ったエリートが逆転を目指して奔走する話。

頭の切れる主人公という設定のはずだが、
唐突に思いつきの行動に走る場面が多く、説得力に欠ける。
わざわざパーティに乗り込んで場を荒らしたり、
借金返済のチャンスなのに正義感を振りかざしたりするのも
成功を狙う人物としては行き当たりばったりすぎる。

金を手に入れていく手段も計画としてはかなりずさんで、
主人公の有能さは伝わって来ず、爽快感もない。
聡明な主人公によるもっと鮮やかな立ち回りを期待していたが、
脇役のキャラクターもイマイチで、どうにも入り込めなかった。


人を動かす

2017年6月21日10:18【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
人を動かす 文庫版
人を動かす 文庫版
posted with amazlet at 17.06.04
創元社 (2016-01-26)
売り上げランキング: 517

他人を味方につけ、自分の目的を達成するには
どう接するべきかをさまざまな事例とともに紹介したもの。
1937年に発売された古い本だが、
ビジネス書の原点としても非常に有名。

人の感情や特性をうまく利用したテクニックばかりで、
無理強いや衝突をせず、良好な人間関係を形成しつつ
他人に目的の行動をさせられる接し方が詰まっている。

紹介されている事例も納得できるものばかりだし、
後味がいいので読んでいて気持ちがいい。
相手に期待通りの行動をさせるということだけでなく、
人として模範的な接し方も学ぶことができる。

どういう立場にいる人でも役に立つ意識と考え方で、
周囲の支持を獲得し、協力関係を広げるための極意が詰まった1冊。


ハートビート

2017年6月20日10:05【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ハートビート [DVD]
ハートビート [DVD]
posted with amazlet at 17.03.03
Happinet (2017-04-04)
売り上げランキング: 1,974

音楽学校に入学したバレエダンサー志望の女性が
バイオリニストの男性やダンスチームと出会う話。

ストーリーは非常に単純で中身は薄いが、
ヒップホップを踊るダンスチームの完成度は素晴らしく、
ダンスに興味がなくても見とれてしまうレベル。
バイオリニスト同士の競り合いや即興で音楽を奏でる場面も素晴らしい。

肝心のクライマックスよりもそれまでの場面の方がデキがよかったが、
ダンスと音楽のカッコよさを気軽に楽しめる作品。


スノーホワイト

2017年6月19日10:26【カテゴリ : DVD(す・せ・そ)
スノーホワイト [Blu-ray]
スノーホワイト [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.05.14
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-05)
売り上げランキング: 20,901

邪悪な女性に城を乗っ取られた王女が
なんとか逃げのびようとする話。

童話「白雪姫」を原作とした実写映画だが、
ディズニー映画で描かれる内容とはかけ離れており、
ファンタジー世界での復讐劇になっている。

王が暗殺されただけであっさりと城が制圧されたり、
幼い頃から監禁されていたスノーホワイトが妙に戦いに長けていたりと、
設定や展開に腑に落ちない部分が多く、
幼馴染のウィリアムとの関係も説得力がなさすぎる。

今まで助けにも来なかったくせに
クライマックスになると急に軍勢に加わる兵たちも意味不明だし、
外は大乱闘なのに城内に入ると誰にも出会わずに
女王のいる場所まで行けてしまう始末。
スノーホワイトが特別な存在だという雰囲気も伝わってこないし、
邪悪な女王は強いのか弱いのかよくわからない状態。

わざわざ「スノーホワイト」のタイトルを掲げた意味がなく、
これならただのファンタジー作品にしておいた方がよかっただろう。


架空OL日記<全10話>

2017年6月18日10:31【カテゴリ : DVD(か・き)
架空OL日記 DVD-BOX
架空OL日記 DVD-BOX
posted with amazlet at 17.06.17
ポニーキャニオン (2017-10-18)
売り上げランキング: 1,241

女装したバカリズムを交えて
OL同士の何気ない会話を描いたドラマ。

職場や仕事帰りのOLたちの会話ばかりで構成されるが、
その会話の内容がやたらリアルで面白い。
世間のOLたちが日々どんなことを考えているのかが伝わってくるし、
お互いの言動へのツッコミが楽しい。

登場人物もそれぞれキャラクターが立っていて
原作を務めるバカリズムの観察眼には感心するばかり。
男女問わず楽しめる秀逸なコメディ。