マンガ家養成のための専門学校に通う26歳の主人公が、
マンガ家に強い憧れを抱きつつも
いろいろな理由をつけてマンガをちっとも描かないという内容。

そのくせやたらと批評家を気取ったり
上から目線で判断したりする性格で、
マンガに限らず、クリエイター系には必ずいる人種。
立派なマンガ家になるために一心不乱に努力を続ける
バクマン。」の対極にある作品。

偉そうな割に努力しない主人公にはイライラさせられるが、
その痛々しさを味わったり
「こういうやつ、いるいる」と楽しむためのマンガ。

ただし、痛々しさを面白がるのは1巻の間ぐらいで、
それ以降は「描かないのにマンガに対する理屈だけは一人前」が
いい方に働くエピソードも展開され、
不思議と憎めなくなる瞬間もあり、面白い。オススメ。