謎の技「セクシーコマンドー」の使い手である花中島マサルと
彼が醸し出す独特の雰囲気に巻き込まれる高校生たちを描いたギャグマンガ。

シュール系を超え、意味不明な言動ばかりが続く笑いのため、
いろいろなギャグマンガを読んできた人にとっては
逆に新鮮で、先が読めない展開が楽しめるが、
非常に人を選び、何が面白いのか理解できない人もいるだろう。

マンガとしての構成を破綻させたり、定番の筋書きをあえて外しているため、
ストーリーとして成り立っていなかったり、
きちんとした結末に達しないことも多数あるので、
それでも許せる人にのみ合う作品。

また、話数が進んでも新しい展開というほどのものがなく、
意味不明な展開がひたすら繰り返されるため、中盤以降はやや飽きてくる。