アサシン クリードIII【CEROレーティング「Z」】
ユービーアイ ソフト (2012-11-15)
売り上げランキング: 3,277

全12シーケンスをクリア。

「3」とナンバリングされているが、
アサシンクリード リベレーション」につづく、シリーズ5作目となる。

これまで出た続編は、根幹のシステムはほぼ変化なく、
キャラクターやストーリーだけが新しくなる程度だったが、
今作では操作面、システム面ともにかなりの違いがあり、
シリーズ経験者でも戸惑う部分が多い。

そもそも指示やチュートリアルがあまりうまくなく、
システムやルールに慣れるまでは
どう操作すべきかわかりにくいと感じる部分がある。

ストーリー面においても頻繁に時間が経過し、
主人公の様子もどんどん変化するので混乱するし、
感情移入ができなさすぎて辛い。

前置きが非常に長く、シーケンス6ぐらいになって
やっと自由にミッションを選べるようになる。
それまではひたすら指示されたミッションをこなすのみで我慢を強いられる。

それ以降も暗殺ミッションが極端に少なく、
高速移動ポイントがあまり配置されていないマップを
走って移動するのがただただ面倒。

そもそも今作の舞台が山や崖といった自然の中が多いので
これまでのシリーズ作品と比べて目的地までの移動がしにくく、
どこから登るかわかりにくい岩場に悩まされたり
いちいち獣に襲われてテンポを崩したりする。

上を見上げられないので木に登るときに見にくかったり、
木の葉っぱが邪魔で飛び降りるときに地上のクッションがどこか見えない点、
RBやLBボタンを長押しすると出てくるメニューの触りにくさや
目的地に近いときに指示がどの場所を指しているかわかりにくい点など、
細かい不親切が目につき、プレイしにくさにつながっている。

シリーズファンとしては今作のような変化は望んでおらず、
いつも通りの操作感を期待していたのに、
ころころ変化して落ち着かない主人公や
妙に増えた見張り兵、まっすぐ目的地を目指せない地形など
今までよりも面白味や爽快感が減った部分が多すぎて残念。
唯一、帆船を操作して敵の船と海戦を繰り広げるのは非常に面白かった。

【同シリーズのレビュー】
アサシンクリード
アサシンクリード2
アサシンクリード2 - DLC(シークエンス12:フォルリの戦い)
アサシンクリード2 - DLC(シークエンス13:虚栄のかがり火)
アサシンクリード ブラザーフッド
アサシンクリード リベレーション
アサシンクリード4 ブラックフラッグ
アサシンクリード ユニティ
アサシン クリード(映画)