アサシン クリード ユニティ
ユービーアイ ソフト (2014-11-20)
売り上げランキング: 10,145

暗殺者を操作して任務をこなしていくシリーズ。

これまでほぼ同じシステムで続いてきたシリーズだが、
今作はいろいろな変更により、かなり印象の違う作品になった。

一番大きいのは戦闘に関してで、
これまでのような圧倒的に優勢なカウンターがなくなり、
敵の攻撃の瞬間にタイミングを合わせないといけない上に
集団戦の中で敵が頻繁に銃を使ってくる。
そのため、4人程度の敵でも囲まれてしまうと一気に瀕死になるのがキツい。

戦闘でゴリ押しすることが難しくなった結果、
多数の敵を正面から突破することがほぼ不可能となり、
ステルスを強く意識する必要がある。
しかも口笛は廃止され、遮蔽物にうまく張り付けない操作性の悪さで
どうにもストレスがかかるゲーム性になってしまった。

また、エアアサシンなどシリーズでお馴染みのアクションをしようにも
ストーリーを進めたり、キャラクターを育てないと使えるようにならない。
ある程度の能力がアンロックされて資金的にも余裕ができるまでは
非常に難易度が高く、イライラさせられた。

やたら死にやすくなったのに
リトライ時のロードが長すぎてテンポが悪いのも大きなマイナス。
ファーストトラベル時のロード時間も同様で、フリーズしたかと不安になるほど。

シリーズの特徴でもある壁面を登っていくアクションは非常に滑らかだが、
思ったところでないルートに飛びついてしまう事故が割と起きる。
宝箱や窓の直前でウロウロしてしまったりと、操作性はあまりよくない。

建物内に入れるようになったことで探索の面白味は増えたが、
マップ上のアイコンが屋上なのか建物の中なのかが
パッと区別ができずテンポが悪い部分もある。

スマートフォンアプリと連携しないと開けられない宝箱や
使いにくいメニュー周り、システムに関して説明不足な部分など
快適にプレイするための配慮に欠けたところも多い。

ステルスゲームが好きな人にはいいかもしれないが、
これまでのような強気な暗殺アクションを期待している人や
システムに慣れていないシリーズ初心者の人には厳しい造り。

【関連作品のレビュー】
アサシンクリード(ゲーム)
アサシンクリード2(ゲーム)
アサシンクリード2 - DLC(シークエンス12:フォルリの戦い)(ゲーム)
アサシンクリード2 - DLC(シークエンス13:虚栄のかがり火)(ゲーム)
アサシンクリード ブラザーフッド(ゲーム)
アサシンクリード リベレーション(ゲーム)
アサシンクリード3(ゲーム)
アサシンクリード4 ブラックフラッグ(ゲーム)
アサシン クリード(映画)