Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth? (English Edition)
Random House Books for Young Readers (2011-06-01)

小学生のMarvinを主人公としたシリーズのひとつで、
実は自分は赤ん坊の頃に失踪した王子なのではないかと悩む話。

小学生独特のノリで夢見がちだが
憎めないキャラクターで感情移入しやすかった。
短編小説程度のボリュームだし、チャプターも短く分けられているので
英文としてもどんどん読み進めていける。

友達の名前がたくさん出てきて把握しにくかったが、
今作では特に区別する必要はないので気にせず読み流して良い。

ラダーシリーズのLEVEL2ぐらいが読めるなら問題ないだろう。
本場の児童書に挑戦して自信がつけられる1冊。

【関連作品のレビュー】
Marvin Redpost<2巻>Why Pick on Me?
Marvin Redpost<3巻>Is He a Girl?
Marvin Redpost<4巻>Alone in His Teacher’s House
Marvin Redpost<5巻>Class President
Marvin Redpost<6巻>A Flying Birthday Cake?
Marvin Redpost<7巻>Super Fast, Out of Control!
Marvin Redpost<8巻>A Magic Crystal?