「ゴジラ」シリーズのひとつで、
東京湾に出没した巨大生物が首都圏を襲う話。

これまで一度もゴジラが出現したことのない日本が舞台であり、
観ている側にも一切の予備知識がいらないようになっている。
そのため、これまでのシリーズ作品を観ておく必要はない。

冒頭から間髪入れず、いきなり事件が起こるスピード感がよい。
現場で何が起こっているのかわからず、
どの程度の危機感を持つべきなのかがつかめない様子がリアル。
また、日本の組織らしい回りくどさとフットワークの悪さ、
それを嘲笑するようなノリの描き方がうまい。

並外れた能力を持った主人公的存在はなく、
大勢の人間が協力したときの力強さをテーマとしている。
わざわざトラブルを引き起こすようなバカな登場人物もおらず、
全員がそれぞれの全力を尽くしているところが素晴らしい。

庵野秀明が監督をしているだけあって、随所にエヴァっほい雰囲気があり、
盛り上がる音楽や大胆さな作戦に興奮させられる。
各種兵器や設備も含め、今の日本の全勢力とは
まさにこういう感じなのだろうな、という妙な説得力もある。

テンポが非常によく、退屈させない凝縮した2時間に仕上がっていて、
やたら早口でしゃべりまくる登場人物たちが危機感を煽る。
国の大損害に対して全員が力を尽くして対抗する様子は
日本版「インデペンデンス・デイ」といったところ。

巨大生物の圧倒的なパワーと容赦のない被害ぶりが潔く、
まさにパニック映画として期待されている手加減のなさや
クライマックスに向けて徐々に盛り上げていく展開は興奮必至。
子供向けの怪獣映画ではなく社会人向けの骨太な映画として、
ゴジラに興味がなかった人にも観て欲しい。

【関連作品のレビュー】
ゴジラ(1954年公開版)
キングコング対ゴジラ
モスラ対ゴジラ
ゴジラ対ヘドラ
ゴジラ(1984年公開版)
ゴジラvsビオランテ
ゴジラvsキングギドラ
ゴジラvsモスラ
ゴジラvsメカゴジラ
ゴジラvsデストロイア
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
GODZILLA(1998年公開アメリカ映画版)
GODZILLA ゴジラ(2014年公開アメリカ映画版)