クロカン 1
クロカン 1
posted with amazlet at 16.08.16
日本文芸社 (2012-12-07)

田舎の弱小野球部が破天荒な監督によって甲子園を目指していく話。

ドラゴン桜」や「エンゼルバンク」の作者による初期の作品で、
選手の能力や努力以上に、
監督の采配やチーム運営に比重を置いているのが特徴。

見せ方が下手で状況が読み取りにくい場面があったり、
野球に関するある程度のルールや戦略を知っておかないと
理解できない説明不足気味な部分がある。
ただ、そこさえ乗り越えれば
次に監督が何をやらかすのかわからない展開の意外さと、
監督に絶対の信頼を置きつつ成長していく部員に引き付けられる。

監督の無礼で野蛮な言動に嫌悪感を抱くことも多いが、
それだけに、部員や保護者たちの想いが強く感じられる場面は素晴らしく、
監督に依存するのではなく、部員たちが自立していく作風がいい。
監督を主人公にしているようで、実は部員たちが主役になっている。

苦労しながらも勝ち進んでいく王道の展開かと思いきや
意外にも結構な割合で負けるところがリアル。
かなりクセの強い野球マンガだが、
野球を題材にした人間ドラマを見たい人に。