George's Marvellous Medicine
George’s Marvellous Medicine
posted with amazlet at 17.09.10
Puffin (2007-09-06)

嫌いなおばあさんに飲ませるために
8歳の少年がオリジナルの薬を作る話。

薬を作る描写がやたらと長すぎてしつこいが、
読み進めると必要な描写だったことがわかる。

作者独特の書き味なのだとは思うが、
登場する単語が珍しいものばかりで
同じ動作に対していろいろな表現が使われていて難しかった。

どんな展開になるのか先が読めないところが魅力だが、
オチに関しては妙にあっさり収まったのは、やや肩透かしだった。