X-MEN:ファイナル ディシジョン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-09-04)
売り上げランキング: 24,927

アメリカンコミックを原作とする実写映画「X-MEN」シリーズの3作目。
完全なる続編であり、前作が未見なら理解不能。
まずは前2作を観ておくこと。一切の前置きなく続きから始まる。

ミュータントたちを普通の人間にする手段が話の中心となる。
前作までに大活躍した変身女は今作では残念ながら出番が少ないが、
ウルバリンの存在感はこれまで通り。

そして前作で衝撃な展開だった部分が今作へ引き継がれており、
前作を上回る衝撃的な展開が次々と起こる。
そんなに大きな変化があっていいのか観ていて心配になるほど。

ストームが髪を短くしたのが残念だが、
戦闘での役立ちぶりと、芯のある女性としての存在は大きい。

新しい能力のキャラクターも結構な数が登場し、
特撮と相性のいいこのシリーズで、またも楽しませてくれる。
特に、対照的な能力同士の戦闘が多く、それがまた面白い。

全体として自分の大切な人に対する想いを感じる流れが多く、
非常に切ない作品に仕上がっている。
戦闘シーンを中心に、この時代でなければ実写化不可能であろう表現が
観ているものを熱くさせてくれるが、
長さとしては100分ちょっとと、これまでのシリーズに比べると
短くてあっさりした印象もある。

スタッフロールの前後はそれぞれ非常に重要な場面があるため
終わったと気を抜かずに注目していて欲しい。

【関連作品のレビュー】
X-MEN(映画)
X-MEN2(映画)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション(映画)
X-MEN:フューチャー&パスト(映画)
X-MEN:アポカリプス(映画)
ウルヴァリン:X-MEN ZERO(映画)
ウルヴァリン:SAMURAI(映画)
X-MEN ORIGINS:WOLVERINE(ゲーム)
X-MEN THE OFFICIAL GAME(ゲーム)
デッドプール(映画)
アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン(映画)