デキの悪い高校生を教育して東大合格を目指した「ドラゴン桜」の外伝として
サラリーマン向けに会社や職業に関するネタを書いた内容。
マンガ「ドラゴン桜」は未読。

この作者の人間の描き方はどうにも好きになれず、
特に頭の形や大きさ、髪型のアンバランスさは非常に違和感がある。
女性の区別もしにくく、違うキャラクターなのに見分けにくかったり
同じ人物なのに違う人に見えたりすることがある。

が、話の内容としてはなかなかに面白い。
何年か会社で働いたことのあるサラリーマンなら
納得できる内容や、インパクトを感じる考え方が頻発する。

マンガではそれこそが真意のごとく断言されるが、
もちろん実際の仕事や会社では当てはまらないこともあるので
あくまでマンガと割り切って楽しむのが良い。

「ドラゴン桜」本編から何人かの登場人物を引き継いでいるが、
シリーズを知らない人でもそれほど影響はない。
主人公となる女性は機嫌が悪くなると
すぐに「もういいわ」と投げ出すので感情移入しにくい。

ひとつひとつのコマが大きく、どんどんとページが進んでいくので
ややコストパフォーマンスが悪い気がする。
単行本に挟まれるコンサルタントたちの文章は説教臭くてあまり面白くはない。
特に1巻は読み辛いレイアウトに並んでいるのでイマイチ。

【関連作品のレビュー】
エンゼルバンク ~転職代理人~(ドラマ)
ドラゴン桜(マンガ)