デキの悪い高校生を教育して東大合格を目指す「ドラゴン桜」の作者が
就職活動する学生を主人公にして描いた作品。

マンガとしての絵や人物の造形は相変わらずイマイチだが、
内容としては刺激があって面白い。

私も専門学校で就職活動を行う学生を指導しているが、
実際の学生の感情や意識をリアルに表した部分が多く、
そういった学生自身が読んでもなかなかタメになりそう。
というよりも、就職活動中の学生やその保護者、就職指導する教員、
採用を担当する社員あたりが読んでこそ面白いマンガと言えよう。

実際にこのマンガの通りに行動してうまくいくかどうかは別問題だが、
主人公の一人である田中雄一郎のような学生は非常に多く、
彼の悩みに共感しながら、それを打破する道を模索するには便利。

マンガとしても後を引く展開で、続きが気になって
どんどん読みたくなる引きの強さがある。なかなか面白い。