書籍(は~わ行) カテゴリの記事:

Lizzie Zipmouth

2017年10月3日10:27【カテゴリ : 書籍(は~わ行), 英語読書
Lizzie Zipmouth
Lizzie Zipmouth
posted with amazlet at 17.09.11
RHCP Digital (2008-09-04)

母と2人の生活に満足していた少女が、
新しい父親とその息子たちと暮らし始める話。

継父に加えて2人の連れ子までが
いきなり家族になった主人公の戸惑いと、
しゃべることができない気持ちがうまく描かれている。

どういう風に解決するのか気になって読み進めたが、
非常に愛らしくてうまい展開に満足した。
それぞれのキャラクターが立っていて
感情移入しやすいところも魅力。

英文としても読みやすく、ボリュームも短いので
多読に挑戦し始めた人にはぴったりな1冊。


ライト、ついてますか 問題発見の人間学

2017年10月1日10:12【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
ライト、ついてますか―問題発見の人間学
ドナルド・C・ゴース G.M.ワインバーグ
共立出版
売り上げランキング: 4,266

具体的なサンプルを例に、さまざまな問題の解決法を模索する本。

この本の一番の問題は文章の異様な読みにくさで、
ユーモアにあふれた英文を下手に翻訳したような日本語ばかり。
ひとつひとつの文が回りくどすぎて、
一体何を言っているのか一度では理解できない。
話題が変わったタイミングもわかりにくく、
読めば読むほど混乱してくる。

問題解決の手法として
視点を変えたり前提を変えたりというのは有効だが、
それを教わりたい人にとってはあまりにも読みにくい本。
本来知りたい内容以外が気になって、ちっとも頭に入ってこない。


藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

2017年9月23日10:39【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法
東洋経済新報社 (2013-09-13)
売り上げランキング: 4,086

自分の望む将来に成長するために、
タイプ別にどう行動するかをアドバイスした本。

自分の希少性を上げることで
人材価値を高めようと提案していく。
世間に存在する2つのグループのうち、
より将来へつながる側を選ぶことで
どんどん希少価値が上がっていくという理屈は面白い。

ただ、たとえば読書をする人としない人が
ちょうど半々ずついるわけではないので、
「2分の1を7乗したら1%の人になれる」というのはやや詭弁だ。

4つのタイプのうちのどれを目指すにせよ、
それぞれに書かれた考え方は、
ビジネスマンとして成長するための参考になるだろう。


浪費図鑑 -悪友たちのないしょ話-

2017年9月21日10:29【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―
小学館 (2017-09-01)
売り上げランキング: 130

特定の趣味に大金をつぎ込んでしまう女性たちの
さまざまな経験談をまとめた本。

ある趣味に熱を上げ、生活や貯金を崩してまで
どっぷりとハマッている様子を告白した内容は興味深いが、
俳優や声優、アイドルや役者など、似通った対象のエピソードが多いので
もっと多岐にわたる趣味を覗き見たかった。

また、後半になると同人誌版に対する思い出や感想ばかりになってしまい、
本書だけを読んだ立場の人には想いを共感できなくて退屈だった。

評判を呼んだという同人誌と同じ面白さ・コンセプトを
書籍版でも貫き通して欲しかったところ。


副業のススメ

2017年9月19日10:56【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
副業のススメ【完全版】
(2017-07-12)
売り上げランキング: 2,408

副業として、オンラインでの物販ビジネスを勧める本。

筆者が聴衆の前でしゃべった言葉を
そのまま書き起こした内容になっており、
本としての体裁はかなりイマイチ。
特に「こちらの写真は~」と書かれているのに
該当の写真が掲載されていないなど、
読む側のことを考えていないのは雑すぎる。

参加者への問いかけをちょくちょく挟みながら
自分の語りたい内容へ展開していく話法は
本として読むとかなり怪しい雰囲気が伝わってきて、
どうにも説得力に欠ける。

副業の必要性は納得できるが、成功者だけの話を聞いて
誰にでも通用する攻略法だと思ってしまうような
「生存バイアス」には注意したい。


マレーシア大富豪の教え

2017年9月9日10:36【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
マレーシア大富豪の教え
ダイヤモンド社 (2017-04-07)
売り上げランキング: 1,700

後ろ盾のない状態でマレーシアに出向き、
巨万の富を築いた日本人について、その考え方をまとめたもの。

エピソードごとに編集者の前フリが入るのはやや鬱陶しいが、
営業や経営に関する濃密な経験談は非常に刺激的。
たとえそういった職種に当てはまらない人でも
慣れない外国で成果を上げた決断力と人心掌握術は
さまざまな場面において役立つだろう。

多数のエピソードと揺るがない彼の哲学は
今後の生き様を決めるきっかけになる。
モチベーション向上にもつながる1冊。


私の財産告白

2017年9月3日10:43【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
私の財産告白
私の財産告白
posted with amazlet at 17.07.21
実業之日本社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 236

貧しい環境の中で独自の資産運用学を見い出し、
一代で巨万の富を築いた本多静六が、
自身の考え方について語ったもの。

本多静六は1866年生まれで、
本書のオリジナルが出版されたのが1950年。
そのこともあって言葉遣いが古く、堅苦しいので
最初はやたらと読みづらく感じるが、
徐々にその内容の素晴らしさが理解できるので、
しばらくは我慢をしてゆっくり読み進めるとよい。

元手のない状態でどうやって金を貯めるのかから始まり、
貯めた金をどう増やすのか、何に使うのか、
他の人とどのように接していくかなど、
資産運用だけでなく人生哲学も含めた内容が書かれてあり、
読めば読むほど感銘を受ける。

もちろん物価の上昇や社会情勢の違いもあり、
今の世の中ではそのまま当てはまらない部分もあるが、
共通して役立つ部分や注意すべき内容などは勉強になる。

要所要所で具体的な金額が書かれているが、
今の相場で言うとどのぐらいの金額にあたるのかがわからないため、
どのぐらいの大金を扱っているのか見当がつかないのが残念。

とっつきの悪い文体を乗り越えるだけの価値があり、
金に対する自分のスタンスを見つめ直すきっかけになる本。


パソコン仕事が10倍速くなる80の方法

2017年8月25日10:42【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
パソコン仕事が10倍速くなる80の方法 たった1秒の最強スキル
SBクリエイティブ (2017-04-08)
売り上げランキング: 4,040

WindowsマシンやExcel、Wordにおける
便利なショートカットキー操作や設定方法を解説したもの。

パソコンでの作業効率を上げるには
いかにマウスを頼らず、余計な手間を省いて
目的を達成するかがポイントになるが、
そのための基本的な操作がほぼ網羅されている。

ひとつの操作が見開き2ページに納められ、
ショートカットキーの初歩を身に付けたい人にとって
短時間で一気に読み流せる入門書。


パックンマックン★海保知里の笑う英作文

2017年8月3日10:59【カテゴリ : 書籍(は~わ行), 英語学習
パックンマックン★海保知里の笑う英作文 (扶桑社BOOKS)
扶桑社 (2013-09-28)
売り上げランキング: 151,323

お笑いコンビのパックンマックンと
ニューヨークで暮らすアナウンサー海保知里が
日本文化を英語で表現することにチャレンジする企画。

ラジオ番組「~の英語にThank you!」と同じメンバーで、
出されたお題に対して英語が苦手なマックンが考え、
外国人であるパックンが添削していくという流れ。

身近な文化を英語で表現してみるという試みは非常に面白いが、
全編にわたって3人の会話を羅列した対談形式なので、
本ではなく3人のやり取りを直接聞いた方が楽しそうだった。

また、四苦八苦するマックンの英作文を見ていると、
間違った英語表現の方を覚えてしまう可能性があるので
英語の勉強という意味ではあまり推奨できない本。


ヒットの崩壊

2017年7月11日10:59【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
ヒットの崩壊 (講談社現代新書)
講談社 (2016-11-16)
売り上げランキング: 19,802

1990年代から2010年すぎまでの
音楽業界の変化に関して解説したもの。

CD売り上げ100万枚というニュースが
それほど珍しくなかった90年代に比べ、
CDがなかなか売れなくなったという最近は
ビジネス形態がどのように変化した結果なのかを
さまざまな関係者の発言をもとに考察していく。

大きく分けると1990年代半ばと2010年代半ばの比較なので
ヒット曲を連発していた小室哲哉の全盛期、
ドラマの主題歌が一気にブームになったり
「HEY!HEY!HEY!」や「うたばん」のような音楽バラエティ番組が
多数放送されていた時代を知っている方が理解しやすい。

CDが売れないことで音楽業界の衰退を連想するところだが、
実はさまざまな新しい業態が生まれていることがわかる。
音楽に興味がなくともビジネス本として勉強になる1冊。