マンガ(さ行・た行) カテゴリの記事:

重版未定

2017年8月5日10:03【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)

出版社で働く編集がどんな仕事をしているかを描いたもの。

マンガの体裁をしているが、その完成度が低すぎる。
同じ表情のまま動きのない絵が延々と続くばかりだし、
顔の描きわけや情景描写もまったく不完全。

必要な情報をすべて注釈文で解説しようとするあまり、
小さく読みにくい文字がズラズラと並んでしまっている。

出版社の本音と実情が伝わってくるのは面白いが、
この完成度ならマンガという手段を選ぶべきでなかったように思う。


情熱大陸への執拗な情熱

2017年7月3日10:37【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)

活躍する人に密着取材するテレビ番組「情熱大陸」に
出演したくて仕方がない毎日を描いたエッセイ。

話題になるような功績を残していないので
取材される可能性はゼロながら、
番組への真の愛と熱意が伝わってくるのが面白い。

独自のセンスで憧れとこだわりを表現しつつ、
出演者たちを妬む様子が率直で笑えてしまう。
卑屈な作者による自虐な作風は
福満しげゆきカラスヤサトシを連想させる。
そういった作品が好きな人向け。

【関連作品のレビュー】
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。


ダンベル何キロ持てる?<1~2巻>

2017年6月29日10:47【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)
ダンベル何キロ持てる?(1) (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2016-12-19)
売り上げランキング: 52

ダイエット目的で筋トレを始めた女子高生が
トレーニングの方法とその効果について学んでいく話。

筋トレを題材にしたマンガというかなり珍しい作品で、
要所要所できちんとした解説があり、主人公同様に
トレーニングにまったく詳しくない人でも理解していける。

キャラクターも魅力的で感情移入しやすく、
楽しみながら筋トレの正しい知識とやり方について学べるマンガ。


「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

2017年6月5日10:41【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
あさ出版 (2017-04-10)
売り上げランキング: 140

過酷な残業続きで自殺しかけた作者が
自身の経験や考え方を振り返ったもの。

精神的に病んでいる人が
なぜその状況から逃げ出そうとしないのか、
本人の経験談と感覚をわかりやすい描いていて読みやすい。
疲弊しつつも他人のことを考えてしまって
なかなか自分を優先して考えられない気持ちがよくわかる。

感情移入しやすい人は共感して辛くなってしまうが、
学校や職場に通うことを辛く感じている人に
考え方を変えて打開策を見出すことを提案をした本。


センゴク<1~5巻>

2017年5月31日10:49【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)
センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 18,078

織田信長や豊臣秀吉が名を馳せた戦国時代を舞台に、
実在した武将・仙石秀久を主人公にした話。

キングダム」の日本版のような印象で
力任せに派手な戦いを繰り広げる主人公の実力が
どんどん周囲に認められていくのが気持ちいい。
登場人物がある程度限定されているため、
歴史に詳しくなくてもそれほど混乱しなくて済む。

史実に従いつつも盛り上がる場面をうまく繋げていて
戦いのシーンをテンポよく楽しめる良作。


狭い世界のアイデンティティー<1巻>

2017年5月29日10:48【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)
狭い世界のアイデンティティー(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2017-04-21)
売り上げランキング: 1,421

人気を手に入れて生き残ろうとする漫画家の生態を
暴力に置き換えて表現した作品。

作品の価値を編集者に認めてもらおうとする様子や
漫画家同士の競争、作品のWeb公開やSNSの活動まで
おおよそ漫画家が関わりそうなことを風刺的に描いた強烈な作風。

本来なら建前に隠されるはずのやり取りを
おおっぴらに暴言と暴力で表現しており、
本音を隠さずにぶつかり合う様子が描かれる。
好みは分かれるだろうが、
ブラックな作品が好きな人には楽しめるだろう。


昭和の中坊<1~2巻>

2017年5月3日10:00【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)
昭和の中坊 : 1 (アクションコミックス)
双葉社 (2013-03-29)
売り上げランキング: 9,143

1977年頃の中学生たちを主人公に、
エロへの貪欲な思いを馳せる様子を描いたコメディ。

インターネットやビデオもない昭和の時代、
テレビも自由に観られなかった作者の経験をもとに
エロに対して興味津々な中学生が
とことんバカな行動を突き詰める勢いが面白い。

妄想や誤った性知識に振り回されながらも
中学生らしいエネルギーに笑わせてもらった。


月1万円からできる人生を変えるお金の育て方

2017年4月19日10:17【カテゴリ : マンガ(さ行・た行), 投資・資産運用・経済
実話コミックエッセイ 不幸にならない投資法 月1万円からできる人生を変えるお金の育て方
馬場 千枝 山本 ユウカ
主婦の友インフォス
売り上げランキング: 5,357

経済面で不安を抱えていた人たちが
長期投資型の投資信託によって救われた実績を描いたもの。

個人的にも中長期投資は大賛成だが、
本書に関してはあまりにも安っぽい描かれ方をしており、
「これさえあれば誰でも成功できる」という
進研ゼミのマンガのようなウソ臭さを感じてしまった。
関係者が監修をしているからか、
やたらとさわかみファンドを押す展開も妙にわざとらしい。

投資信託によって困っていた人が
次々と成功していくエピソードばかりなので、
何も勉強せずに安易に手を出す人がいそうで怖いが、
毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」や
お金は銀行に預けるな」などの初心者向けのしっかりした本を読んで
十分な基礎勉強をした上で判断して欲しい。


世界の果てでも漫画描き<1巻>キューバ編

2017年3月18日10:56【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)

テルマエ・ロマエ」の作者が若い頃にボランティアで訪れた
キューバでの日々を描いたエッセイマンガ。

「キューバ編」と付いている割に
関係のない話題の前置きがやたらと長く、
しかも後半は下手なストーリーマンガが収録されている。
本編のボランティア生活の部分は非常に面白いのに
あまりにもボリュームがなさすぎて拍子抜けした。

せっかくならキューバの話で統一して欲しかったし、
旅行記を謳うなら少なくともストーリーマンガはいらなかった。

【関連作品のレビュー】
イタリア家族 風林火山
モーレツ!イタリア家族
テルマエ・ロマエ


ザ・ゴール2<コミック版>

2017年3月10日10:52【カテゴリ : マンガ(さ行・た行)
ザ・ゴール2 コミック版
ダイヤモンド社 (2016-03-21)
売り上げランキング: 4,924

業務の効率化について解説した「ザ・ゴール」の続編で、
問題の明確化と解決法の模索をする手法を紹介したもの。

売却の危機に陥ったいくつかのBtoB企業をサンプルに
いかに状況を整理し、問題点を洗い出すべきかを解説していく。

前巻の登場人物を引き継いではいるものの、
メインは手法の紹介なので本書から読んでも問題ない。
「コミック版」という位置づけを守り
徹底してマンガのみで解説した前巻は非常に良書だったが、
今回は頻繁に登場する図の中の文章を
それぞれ読まないといけないのが辛かった。

前巻ほど得られるものはなかったが、
解決法を導く思考プロセスについて簡潔に学びたい人向け。

【関連作品のレビュー】
ザ・ゴール(コミック版)