DVD(あ・い) カテゴリの記事:

アホガール<全12話>

2017年12月10日10:55【カテゴリ : DVD(あ・い)
DVD付き アホガール(10)特装版 (講談社キャラクターズライツ)
ヒロユキ
講談社 (2017-10-06)
売り上げランキング: 3,480

とてつもなく学力の低い女子高生が
いろいろな非常識行動を起こすギャグアニメ。

あずまんが大王」を連想させる天然な女子高生キャラで、
頭が悪いことを思い悩むこともなく、
本能と好奇心に従って行動する主人公が楽しい。
1話15分というの中、次々とエピソードを見せる流れで
全体的にノリと勢いが凄まじい。
あまりにバカバカしいことに全力で投じる様子に笑ってしまう。

シンプルな設定ながらキャラクター作りに成功していて
気楽に観れる良作のギャグアニメ。


インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

2017年11月23日10:34【カテゴリ : DVD(あ・い)
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [Blu-ray]
パラマウント (2016-07-22)
売り上げランキング: 915

レイダース 失われたアーク」につづくシリーズ2作目で、
村人の依頼を受け、秘石と子供たちを邪教集団から取り返す話。

続編ではあるものの、主人公以外の登場人物は
すべて入れ替わっており、予備知識は不要。
全体的にかなりテンポがよく、次から次へと危険が訪れ、
退屈することなく観ることができる。
たまに挿入されるドリフ的なノリの笑いも楽しい。

ヒロインだけでなくな助手の少年も抜群の存在感で、
最後の最後までワクワクハラハラできるアクション映画のお手本。
古い作品でありながら誰にでもオススメできる名作。

【関連作品のレビュー】
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク(映画)
LEGO INDIANA JONES : THE ORIGINAL ADVENTURES(ゲーム)
LEGO INDIANA JONES 2 : THE ADVENTURE CONTINUES(ゲーム)
ファンボーイズ(コメディ映画)


インサイド・マン

2017年11月17日10:13【カテゴリ : DVD(あ・い)
インサイド・マン [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 32,048

ある銀行に強盗が入り、職員と客を人質にとって立てこもる中、
犯人たちの意外な目的が見えてくるサスペンス。

警察がいかに犯人を追い詰めるのかを期待して観ているところに
違和感のある場面がジワジワと挿入され、
徐々に話の裏側が見えてくるところが面白い。

存在感のある登場人物たちのやり取りも魅力的だし、
周到に練られた計画の鮮やかさも惹きつけられる。
全体的に静かな迫力を楽しむ通好みな造りなので、
そういったサスペンスが好きな人向け。


愛してたって、秘密はある。<全10話>

2017年11月7日10:35【カテゴリ : DVD(あ・い)
愛してたって、秘密はある。 Blu-ray BOX
バップ (2018-02-07)
売り上げランキング: 929

ある事件を隠しながら暮らす母親と青年が
秘密を知る何者かに怯える話。

全体的に妙に展開が遅く、
なかなか話が進まないストレスが大きい。
序盤は弁護士を目指す主人公が携わる事件のために
余計な時間を取られすぎるし、
父親の事件を軸とする後半になってからも
毎エピソードの最後に少し展開があるだけで中身が薄い。

引きを強くするためか、あまりにも無理のある嫌がらせが連発し、
主人公が気づかないうちに好き放題やられすぎな印象。
どれだけ見事な種明かしが待っているのかと思ったが、
まさかと思うほど安っぽい真相が語られて落胆した。

引っ張るだけ引っ張った割に何も残らず、
無駄な要素がやたらと多い駄作。観る価値なし。


アダプテーション

2017年9月16日10:38【カテゴリ : DVD(あ・い)
アダプテーション [DVD]
アダプテーション [DVD]
posted with amazlet at 17.07.15
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-12-16)
売り上げランキング: 69,493

映画「マルコヴィッチの穴」の脚本家が
自分自身を主人公にしたフィクション作品で、
新たな脚本の執筆に行き詰まり、迷走していく話。

脚本家が役者に自分自身を演じさせるとともに
性格の真逆な双子の存在や女性に対する妄想癖のような
フィクションを織り交ぜて描いているのは斬新。

ただ、そういった設定や妙なキャラクターたちの
必要性があったかというと非常に疑問で、
話がよく見えないまま進むだけの退屈な内容だった。
面白みも驚きもなく、ただとっつきが悪いだけの作品。

【関連作品のレビュー】
マルコヴィッチの穴


アサシン クリード

2017年9月14日10:40【カテゴリ : DVD(あ・い)
アサシン クリード 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-07-05)
売り上げランキング: 158

同名のゲームを元に実写映画化したもので、
死刑を執行された男が15世紀のアサシンに転移する話。

原作ゲームでは壁を登ったり屋根を飛び移ったりする移動シーンや
滑らかな動きで敵を倒す戦闘シーンが魅力だったが、
映画になるとそれらはごく当たり前の要素になってしまい、
他作品を上回るようなアクションや映像は味わえなかった。

少しずつ行動範囲を拡大して困難なミッションをこなすという
ゲームとしての面白さも映画では表現できないため、
代わりに期待するのはストーリーと映像、アクションである。
その割に観ている側が期待するレベルに達しておらず、
淡々として盛り上がりに欠ける内容だったように思う。

現代のシーンの描写にかなりの時間が割かれているが、
それよりも映画として楽しめるような方向で仕上げて欲しかった。

【関連作品のレビュー】
アサシンクリード(ゲーム)
アサシンクリード2(ゲーム)
アサシンクリード2 - DLC(シークエンス12:フォルリの戦い)(ゲーム)
アサシンクリード2 - DLC(シークエンス13:虚栄のかがり火)(ゲーム)
アサシンクリード ブラザーフッド(ゲーム)
アサシンクリード リベレーション(ゲーム)
アサシンクリード3(ゲーム)
アサシンクリード4 ブラックフラッグ(ゲーム)
アサシンクリード ユニティ(ゲーム)


アズミ・ハルコは行方不明

2017年8月12日10:34【カテゴリ : DVD(あ・い)
アズミ・ハルコは行方不明 [Blu-ray]
TCエンタテインメント (2017-06-02)
売り上げランキング: 2,567

狭い世界で報われずに生きるOLを軸に
クセのあるいろいろなキャラクターが交錯する話。

主人公が行方不明になった後と
頻繁にザッピングしながら展開していくため、
いつの話なのか読み取るのに苦労するが、
そういった凝った造りがあまり面白さに結びついていないのが残念。

田舎に暮らす者たちのリアルなキャラクターはいいが、
結局、何の話だったのかと思うほど中身がなく、
思わせぶりなエピソードを断片的に見せただけの印象。


インターンシップ

2017年8月4日10:59【カテゴリ : DVD(あ・い)
インターンシップ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-09-02)
売り上げランキング: 2,489

職を失った中年男性2人が
Googleのインターンシップに申し込む話。

特徴的なGoogleの職場環境も興味深いが、
主人公たちのサバサバした性格が非常に気持ちいい。
親しみやすいキャラクターばかりで
冒頭からすぐに感情移入できるし、チーム全員を応援したくなる。

王道的でテンポのいい展開で気楽に笑える良作のコメディ。


愛のむきだし

2017年6月4日10:00【カテゴリ : DVD(あ・い)
愛のむきだし [Blu-ray]
愛のむきだし [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.04.14
アミューズソフトエンタテインメント (2012-07-06)
売り上げランキング: 3,758

父親の愛情を得るために
変態的な方向に捻じ曲がってしまった男性が、
運命の女性との愛に燃える話。

4時間に迫る長編映画だが、テンポがよく、勢いもあるので
それほど長さは気にならずに観ることができる。
みんな!エスパーだよ!」のような
バカバカしいコメディ要素があったと思いきや、
冷たい熱帯魚」のような壮絶な血みどろシーンもあったりして、
どんな話か一言では説明できないエログロコメディ。

話がどう進んでいくのかがまったく読めず、
ごった煮のような作風はかなり人を選ぶが、
キャスティングは素晴らしく、
どの俳優もハマリ役だし、存在感も抜群。
主役3人の熱演ぶりを観るだけでも十分価値がある。


IQ246 ~華麗なる事件簿~<全10話>

2017年3月15日10:10【カテゴリ : DVD(あ・い)
IQ246~華麗なる事件簿~ Blu-ray BOX
TCエンタテインメント (2017-03-29)
売り上げランキング: 2,738

ズバ抜けた知能を持つ富豪が
警察の事件捜査に首を突っ込んで解決していく話。

1話完結型のミステリーとしてはまずまず楽しめるデキだが、
変な声としゃべり方の織田裕二や
キャピキャピとうるさいお目付け役の若手刑事、
ちょくちょく英語を織り交ぜてくる刑事とそれをツッコむ刑事のペアなど、
全体的にキャラクターがイマイチなのが残念。

もう少し感情移入しやすい登場人物なら
もっと楽しめただけに残念。