DVD(は・ひ) カテゴリの記事:

パッセンジャー

2017年8月10日10:23【カテゴリ : DVD(は・ひ)
パッセンジャー [Blu-ray]
パッセンジャー [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.08.09
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-08-02)
売り上げランキング: 89

別の惑星へ移住する大型宇宙船の中で
トラブルにより1人だけ冷凍睡眠から目覚めてしまう男の話。

宇宙飛行士や乗組員ではなく、
主人公がただの乗客という設定が面白い。
自分以外に誰も目覚めていない状況で
90年という時間が残されている絶望感が新鮮。

設定にやや無理のある点はあるが、
説得力のある映像で密室劇が楽しめる良作。


百円の恋

2017年7月24日10:01【カテゴリ : DVD(は・ひ)
百円の恋 特別限定版 [Blu-ray]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2015-06-10)
売り上げランキング: 45,202

家族に疎まれながらダラダラと過ごす30過ぎの女性が
劣悪な環境で新たな生活を強いられる話。

登場人物全員がどうしようもないダメ人間であり、
その言動にひたすらイライラさせられる。
終盤の見せ場にたどり着くまで
不愉快な思いに耐えられるかが勝負。

主人公が成長していく姿はヒシヒシと伝わってくるし、
クライマックスの迫真の演技は素晴らしいとしか言いようがないが、
とにかく嫌悪感を無理強いされる作風が辛かった。


パプリカ

2017年7月22日10:49【カテゴリ : DVD(は・ひ)
パプリカ [Blu-ray]
パプリカ [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.07.19
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-05-23)
売り上げランキング: 10,810

他人同士で夢を共有できる機械が盗まれ、
精神を崩壊させる夢を強制する事件が起こる話。

何でもアリの夢の世界を大胆に描き、
普通ではありえない映像がいろいろと楽しめる作品。
夢と現実の境界があやふやになるコンセプト通り、
観ていてどれが夢なのかわからなくなってくる。

テンポはいいが、混乱させられる映像表現と
一度で理解するには難しい筋書きで、全体的に通好みな造り。
完成度とクオリティは間違いなく高いので、2回観る覚悟で挑戦したい。


秘密 THE TOP SECRET

2017年7月2日10:19【カテゴリ : DVD(は・ひ)
秘密 THE TOP SECRET [Blu-ray]
秘密 THE TOP SECRET [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.21
松竹 (2017-01-06)
売り上げランキング: 5,143

死んだ人間の記憶を映像として追体験できる機械を使い、
猟奇殺人の真相を暴こうとする話。

映像は悪くないが、全体的に説明が下手で
それぞれの人物が何の事件にどういう風に関わっているのかわからない。
28人を殺したという殺人鬼も、事件の内容がほとんど描かれないので
どのぐらい恐怖の存在なのか伝わってこない。

サイコパスな言動を演出するためか、妙にエグい場面もあるが、
肝心のストーリーに引き込まれる魅力がないため、
どうにも冷めたまま観てしまう。
2時間30分もの長い作品だが、早い段階で退屈になり、
長時間ダラダラとした内容を味わうことになった。


ハートビート

2017年6月20日10:05【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ハートビート [DVD]
ハートビート [DVD]
posted with amazlet at 17.03.03
Happinet (2017-04-04)
売り上げランキング: 1,974

音楽学校に入学したバレエダンサー志望の女性が
バイオリニストの男性やダンスチームと出会う話。

ストーリーは非常に単純で中身は薄いが、
ヒップホップを踊るダンスチームの完成度は素晴らしく、
ダンスに興味がなくても見とれてしまうレベル。
バイオリニスト同士の競り合いや即興で音楽を奏でる場面も素晴らしい。

肝心のクライマックスよりもそれまでの場面の方がデキがよかったが、
ダンスと音楽のカッコよさを気軽に楽しめる作品。


ヒート

2017年6月8日10:23【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ヒート 製作20周年記念版(2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-03-03)
売り上げランキング: 217

大胆な強盗で荒稼ぎするギャングのリーダーと
彼を執拗に追う警部を描いた話。

ギャング側・警察側の総力をかけた対決で
非常に派手な銃撃戦に何度も興奮させられる。
ロバート・デニーロとアル・パチーノの存在感が素晴らしく、
それぞれの敏腕ぶりが伝わってくる。

両勢力ともに登場人物が多いので、
人間関係を把握するのが大変なのと、
3時間近くの長さな上に後半になるとテンポが悪くなるのか残念。

善悪それぞれのプロの姿が味わえるハードボイルドな作品。


ハウンター

2017年6月6日10:23【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ハウンター [DVD]
ハウンター [DVD]
posted with amazlet at 17.04.15
TCエンタテインメント (2014-07-02)
売り上げランキング: 64,357

同じ1日を繰り返していることに気づいた少女が
家族や家の変化から、さらに大きな秘密を知る話。

ループ物のSFかと思ったが、
もっと別の方向へと進んでいくホラーサスペンス。
断片的な情報が次々と追加される上に
似たような人物が多く登場するので、かなり混乱した。

説明があまりうまくない作品で、
状況がほとんどわからないまま話が進むため、
設定が理解できるまではかなり疲れるし、
わかったあともそれほどの面白さは感じなかった。


はじまりへの旅

2017年5月8日10:56【カテゴリ : DVD(は・ひ)
はじまりへの旅 [DVD]
はじまりへの旅 [DVD]
posted with amazlet at 17.07.16
松竹 (2017-10-04)
売り上げランキング: 323

山で自給自足の生活をする一家が
ある目的のために街へと下りていく話。

厳しい教育方針でたくましく育ち、
サバイバル能力を身につけた兄弟の姿は興味深い。

俗世から離れて自然と暮らす父親の主義と
学校やさまざまな文化に触れて生きる主義との
それぞれの長所・短所がきちんと描かれており、
一方に肩入れしていない展開は好感が持てる。

登場人物それぞれの言い分に筋が通っていて、
相互理解の難しさや家族の絆が味わえる良作。


美女と野獣<2017年公開アメリカ映画版>

2017年4月22日10:43【カテゴリ : DVD(は・ひ)
美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017-10-04)
売り上げランキング: 3

バラを盗んだ父親の代わりとなって
娘が野獣の住む城に幽閉されてしまう話。

ディズニーアニメの代表作として有名な「美女と野獣」を
ディズニー自身が忠実に実写化したもの。
キャラクターのセリフを頻繁に歌い出すミュージカル作品で、
吹き替えの場合は歌の部分もすべて日本語となる。

実写とCGの見分けがつかないほどクオリティの高いグラフィックで、
活き活きと動く燭台やティーポットが
ベルたちを支える様子が微笑ましい。
コミカルな場面が挿入されることも多く、
野獣の言動もまろやかで子供でも楽しめる仕上がり。

心の綺麗な主人公2人にわかりやすい悪役、
テンポよく緊迫感や笑いを織り交ぜながら
きちんと盛り上げてくれるクライマックスと、
文句なく王道的に楽しめる作品。

これまで「美女と野獣」と言えばアニメ版を指していたが、
今後は本作が新たな定番となるだろう。

【関連作品のレビュー】
美女と野獣(アニメ)
美女と野獣(2014年公開フランス・ドイツ合作版)


ハードコア

2017年4月18日10:27【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ハードコア [Blu-ray]
ハードコア [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.07.24
バップ (2017-10-04)
売り上げランキング: 180

サイボーグとして蘇生した主人公が
妻を救うために奔走するアクション映画。

全編が主人公の主観視点で展開するという斬新な内容で、
ずっと揺れまくる上にR15+指定された血みどろシーン満載なので、
合わない人は開始10分でダウンするだろう。

主観視点で展開するPOV方式の映画はこれまでにもあったものの、
登場人物がビデオカメラを抱えているという設定ばかりだった。
しかし本作は主人公の視点と完全にシンクロした映像になっており、
まさにFPSのゲームをプレイしているような錯覚を覚える。

序盤を観たときにはイマイチかと不安になるが、
見せ方のバリエーションがあまりにも豊富で、
次々と新しいカタルシスを味わわせてくれる。
銃撃戦の演出も素晴らしいものばかりで
並みのゲームよりも迫力ある映像が楽しめる。

マンネリにならないよう頻繁に場面展開があり、
常にクライマックス感があるのは素晴らしい限り。
贅沢な場面があまりにも連続する上に
登場人物もどんどん死んでいくので、
一体いつ終わるのかまったくわからない。

かなり人を選ぶのは間違いないが、
揺れと血みどろを乗り越えて楽しめるならオススメ。