DVD(く・け・こ) カテゴリの記事:

競女(けいじょ)!!!!!!!!<全12話>

2017年4月9日10:15【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
競女!!!!!!!! Vol.1(初回仕様版) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-11-23)
売り上げランキング: 36,173

水着の女性たちが水上ステージで
おしくらまんじゅうのように押し合うスポーツを題材にした話。

女性キャラばかりで構成され、
やたらとサービスショットが展開されるので
ただそれだけをウリにした作品かと思ったが、
色気以上にバカさ加減を味わうスポ根パロディだった。

ルールや世界観がやたらと奇抜なのに
スポ根ものの王道をしっかり踏襲しており、
どこかで見たような展開が独自にアレンジされて登場するのが面白い。
登場人物たちはいたって真剣なのに
やっていることがあまりにもバカっぽいのがたまらない。
よくこれだけバリエーションに富んだ技を思いつくものだと感心する。

第一印象に惑わされず、ぶっ飛んだパロディぶりを味わって欲しい。


高校教師<劇場版>

2017年3月17日10:02【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
映画「高校教師」
映画「高校教師」
posted with amazlet at 17.02.03
(2016-08-24)
売り上げランキング: 46,359

親友を植物状態にしてしまった過去を持つ体育教師が
万引き癖を持つ女子高生が惹かれ合う話。

大ヒットした同名のドラマとは同シリーズでありながら
ストーリーや登場人物には何のつながりもなく、
作品としても完全に独立している。

名作だったドラマ版に比べて今作はひどいデキで、
ヒロインは素行の悪いだけでちっとも魅力がないし、
教師もちゃらんぽらんで尊敬するところがない。
なぜお互いが惹かれ合っているのかも理解できないし、
ドラマとしても無理に過激な展開にしようとする強引さを感じる。

ドラマ版への思い入れが強かっただけに
本作がシリーズに含まれるのが残念でならない。

【関連作品のレビュー】
高校教師(1993年ドラマ版)


ゲーム・オブ・スローンズ<第2シーズン(全10話)>

2017年2月22日10:08【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突 コンプリート・セット(5枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-11-05)
売り上げランキング: 1,328

複数の領主の頂点となる鉄の玉座を狙って
さまざまな勢力が衝突するファンタジードラマ。

ストーリーも登場人物も引き継いでいるため前シーズンの視聴は必須だし、
相変わらず各家系のつながりがややこしく、人物相関図は手放せない。

エピソードごとにどんどん話が進み、
各勢力の状況が好転・悪化するので目が離せない。
結構な重要人物でも容易に死ぬという
先の展開が読めない緊迫感も素晴らしい。

人名と顔と肩書きの整理が大変だが、それを乗り越えるだけの面白さがある。

【関連作品のレビュー】
ゲーム・オブ・スローンズ<第1シーズン>


クリーピー 偽りの隣人

2017年2月20日10:57【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]
松竹 (2016-11-02)
売り上げランキング: 6,175

夫婦で引っ越してきた元刑事の主人公が
近所に住む妙な雰囲気の男と遭遇する話。

香川照之が演じる男の気持ち悪さは絶妙で、
礼儀正しく愛想もいいのに普通でない雰囲気があふれている。
未解決の一家失踪事件の内容が
言葉での説明に限られるため状況がわかりにくいが、
その事件と主人公の隣人とが徐々につながっていく前半は面白い。

問題は後半で、サイコパスに対して
なぜ無抵抗に従ってしまうのかの説得力が弱く、納得できない。
単に昏睡状態や中毒状態にするならわかるが、
普通の生活能力を残しつつも命令には従うという
都合のいい支配状態をどうやって作っているのかがまったくわからない。
また、なんらかの方法でそれが実現できているとすると
今度は逆にラストの展開の説明がつかなくなる。

社会に入り込むサイコパスを描くまではよかったが、
周囲の人間の支配の仕方や、
サイコパスへの対抗法にもっと説得力が欲しかった。


ごきげんいかが? テディベア

2017年2月7日10:11【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
ごきげんいかが?テディベア【TBSオンデマンド】
(2013-11-26)
売り上げランキング: 66,876

母を失ったショックと未練で思い苦しむ娘を描いた話。

淡路島の田舎で暮らす農家の一人娘が
脳死して臓器提供された母への想いが断ち切れず、
心を閉ざして行く痛々しさが見事。

主役である山田花子を中心に、
すべての役柄においてキャスティングが素晴らしく、
ちょっとしか出ない登場人物に関してもいちいちリアル。
世間知らずの主人公が
外の世界と関わって行く恐怖と不安が伝わってくる。

75分と短いながら、テンポのいい見せ方と
綺麗に収束して行く構成が素晴らしい。
残念ながらDVD化されておらず、ストリーミングで観るしかないのだが、
もっともっと多くの人に知って欲しい名作。


高台家の人々

2017年2月2日10:36【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
高台家の人々 Blu-rayスペシャル・エディション
ポニーキャニオン (2016-12-21)
売り上げランキング: 1,919

周囲の人間の心を読み取る能力を持った男性が
妄想癖のある地味な女性と恋に落ちる話。

同名のマンガを実写化したものだが、
序盤の展開が早すぎて原作の面白味がなくなっているのが非常に残念。
人間の裏表にウンザリしている光正の様子も弱いし、
会社の王子様的な存在と
主人公が付き合い始めたときの周囲の驚きと動揺も描かれていない。
光正との交際に浮かれる場面もなく、
最初の数十分で一気に婚約まで進展してしまう。

時間が限られているなら光正の兄弟たちの恋愛模様はバッサリ捨て、
彼と主人公とのやり取りだけをもっと丁寧に描くべきだったように思う。
後半のダラダラとした思い悩む展開も不要だろう。

原作マンガがかなりの傑作なのに
その良さが活かされていないのが非常に辛い。
映画が楽しめなくとも、ぜひ原作を読んで欲しい。

【関連作品のレビュー】
高台家の人々(マンガ)


グレムリン2 -新・種・誕・生-

2017年1月6日10:30【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
グレムリン2-新・種・誕・生- [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-07-11)
売り上げランキング: 3,021

棲み家を追われたギズモがニューヨークにやってきて水を浴びてしまい、
高層ビル内にさまざまなグレムリンが増殖してしまう話。

前作で強力な繁殖力の恐怖を描き、
これ以上どんなパニックが表現できるのかと思ったが、
遺伝子研究所の影響により、どんどんと新しいグレムリンが誕生する。
よくこれほどのアイデアが出たと感心するほど多岐にわたる内容で、
それぞれの最期がきちんと見せ場に使われているのも見事。

新たなパロディもふんだんに取り入れられ、
前作が好きだった人なら同じように楽しめるホラーコメディ。

【関連作品のレビュー】
グレムリン


ゴーストバスターズ<2016年公開版>

2017年1月5日10:12【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
ゴーストバスターズ(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016-12-21)
売り上げランキング: 181

超常現象を研究していた女性たちが幽霊の捕獲に挑戦していく話。

1984年公開の同名の映画をリブートしたもので、
隊員は全員女性になり、代わりに事務員が男性になっている。
しかし、とにかくキャラクターに魅力がなく、
登場人物の言動がちっとも面白くない。

笑いを狙っている感が出すぎていて観ている方が冷めてしまい、
隊員たちが何をやっても全然笑えなかった。
ノリ、キャラクター、ストーリーとも旧作に劣るデキで、
今作を観る理由は何もない。

【関連作品のレビュー】
ゴーストバスターズ(1984年公開版)
Ghostbusters:The Video Game(ゲーム)


グレムリン

2016年12月27日10:37【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
グレムリン [Blu-ray]
グレムリン [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.12.06
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2010-04-21)
売り上げランキング: 1,792

クリスマスが近づく小さな田舎町で
強引に買い取った不思議な生き物が起こすパニックを描いた話。

非常に愛くるしい見た目と仕草のモグワイに
なぜ3つのルールが設定されているのか、
徐々に明らかになっている過程に非常に緊迫感がある。
グレムリンたちの行動がかなり狡猾で、
どんどん状況を悪化させていくところも怖い。

1984年の作品ながらグレムリンたちの動きも素晴らしく、
今観ても十分に楽しめるホラーコメディの傑作。

【関連作品のレビュー】
グレムリン2 -新・種・誕・生-


ゴジラvsメカゴジラ

2016年12月22日10:01【カテゴリ : DVD(く・け・こ)
ゴジラvsメカゴジラ(平成5年度作品) 【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝 (2014-06-18)
売り上げランキング: 35,526

対ゴジラ用に開発された兵器・メカゴジラで
怪獣たちに対抗していく話。

「ゴジラ」シリーズの20作目となるが、
これまで怪獣に対する人間側の攻撃は無力なものが多く、
その撃退も怪獣に頼っている部分があったが、
本作ではメカゴジラがかなりの強さを誇り、
怪獣たちに対してその効果を発揮するところが痛快。

ゴジラを機械で作っただけの安易な発想に思えたが、
怪獣と人類のバトルを純粋に楽しめる作品。

【関連作品のレビュー】
ゴジラ(1954年公開版)
キングコング対ゴジラ
モスラ対ゴジラ
ゴジラ対ヘドラ
ゴジラ(1984年公開版)
ゴジラvsビオランテ
ゴジラvsキングギドラ
ゴジラvsモスラ
ゴジラvsデストロイア
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
シン・ゴジラ
GODZILLA(1998年公開アメリカ映画版)
GODZILLA ゴジラ(2014年公開アメリカ映画版)