DVD(う・え・お) カテゴリの記事:

美味しんぼ<1~48話>

2017年8月8日10:26【カテゴリ : DVD(う・え・お)
美味しんぼ Blu-ray BOX1
美味しんぼ Blu-ray BOX1
posted with amazlet at 17.05.05
バップ (2016-12-21)
売り上げランキング: 18,713

新聞社に勤めるグータラ社員が
料理に関するさまざまな問題を解決していく話。

グルメ漫画の代表ともいえる存在で、
いろいろな食材や調理法に関するウンチクを織り交ぜて展開していく。

1980年代を舞台にしていることもあり、
今となっては食文化として浸透したものまであるが、
そういった内容まで取り入れていた先見性が素晴らしい。

1話完結型のエピソードなので、どれから観ても楽しめるが、
ワンパターンの展開の海原雄山との対決エピソードよりも
単発の料理エピソードの方が面白かった。


お家さん

2017年7月18日10:49【カテゴリ : DVD(う・え・お)
お家さん [DVD]
お家さん [DVD]
posted with amazlet at 17.05.26
TCエンタテインメント (2014-12-26)
売り上げランキング: 76,022

明治から大正にかけて神戸に実在した商社・鈴木商店
屈指の成長をする様子を描いた話。

慣れない商店でよそ者のように扱われながら過ごしつつも
人情味あふれる対応で人望を集めていく主人公が心地いい。
また、抜群の商才を発揮する金子直吉の先見の明も爽快。

ドラマ仕立てに脚色された原作ということで
史実と異なる内容もあるようだが、
テンポのいい展開と、感情移入しやすい主人公たちで
かつて反映した巨大企業の雰囲気を知ることができる良作。


X-MEN:アポカリプス

2017年6月17日10:16【カテゴリ : DVD(う・え・お)
X-MEN:アポカリプス 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-12-21)
売り上げランキング: 932

古代遺跡から復活した世界最初のミュータントが
プロフェッサーの能力を手に入れようとする話。

ファースト・ジェネレーション」「フューチャー&パスト」に続き、
プロフェッサーの若い頃を描いた3作目となり、
登場人物も引き継いでいるので前作の視聴は必須。
また、本作の未来となる初代「X-MEN」へのつながりも強く意識しているため、
そちらも観ておく方が良い。

クイックシルバーを中心に
ミュータントたちの能力を堪能できるのも楽しいが、
過去の作品が未来への伏線として活かされる展開は
スター・ウォーズ」シリーズ同様の構成になっており、
いろいろな要素がつながって気持ちいい。

シリーズ全体の締めくくりとして楽しめる1作。

【関連作品のレビュー】
X-MEN(映画)
X-MEN2(映画)
X-MEN ファイナル・デシジョン(映画)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション(映画)
ウルヴァリン:X-MEN ZERO(映画)
ウルヴァリン:SAMURAI(映画)
X-MEN:フューチャー&パスト(映画)
X-MEN ORIGINS:WOLVERINE(ゲーム)
X-MEN THE OFFICIAL GAME(ゲーム)
デッドプール(映画)
アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン(映画)


嘘の戦争<全10話>

2017年4月20日10:48【カテゴリ : DVD(う・え・お)
【早期購入特典あり】嘘の戦争 Blu-ray BOX(オリジナルトートバッグ付)
TCエンタテインメント (2017-06-09)
売り上げランキング: 89

幼い頃にかけられた冤罪の恨みを晴らすため、
事件に関係した人間に近づいていく詐欺師の話。

資産家を陥れるには仲間が少なすぎる上、
安易に顔をさらしたり人目に付くところでやり取りするので
詐欺師としての腕前はあまり説得力を感じないが、
エピソードごとに限られた登場人物しか出てこないので
情報が整理しやすく、気軽に楽しめる。

クライマックスで急に安っぽい展開になったのは残念だが、
テンポもよく、次々と変化していく展開で、
スピード感を失わず観ていられる佳作。


おいしい生活

2017年3月27日10:17【カテゴリ : DVD(う・え・お)
おいしい生活 ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]
角川書店 (2012-05-11)
売り上げランキング: 90,603

間抜けな中年男性が仲間を集めて
銀行の金庫を狙うところから始まる話。

序盤の30分は早すぎるほどの展開で
ジョークも効いていて非常に面白かったのだが、
そこから急速にテンポが悪くなり、退屈な展開になってしまった。
筋書きとしてはそれほど悪くないのだが、
とにかく中だるみが激しく、ダラダラとしたやり取りが耐え難い。

序盤のノリがよかっただけに、映画としては残念な仕上がり。


エクス・マキナ

2017年3月9日10:52【カテゴリ : DVD(う・え・お)
エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-11-18)
売り上げランキング: 575

人工知能のテストのため、アンドロイドとの面談を繰り返していく話。

Googleをイメージする巨大検索エンジンの存在や
閉鎖空間でのAIのテストという設定は非常に面白く、
洗練された独特で美しいビジュアルも魅力的。
反面、ストーリーは割とひねりがなく、
状況的に概ね想像通りの展開が繰り広げられる。

登場人物がわずか4人という思い切った作風や
惹きつけられるビジュアルはよかったが、
映画としてはやや平凡な仕上がりだった。


es(エス)

2016年11月14日10:24【カテゴリ : DVD(う・え・お)
es[エス] [DVD]
es[エス] [DVD]
posted with amazlet at 16.10.18
ポニーキャニオン (2003-01-16)
売り上げランキング: 9,174

被験者として集められた男性たちを看守役と囚人役に分けて
その経過を見る心理学の実験の様子を描いたもの。
アメリカで実際に行われたスタンフォード監獄実験を元にした映画。

最初は照れたりふざけていたりした被験者たちが
ちょっとしたイラつきをきっかけに
徐々に振る舞いを変化させていく様子がリアルで怖い。
それぞれの被験者は自分なりに意義のある行動を取っているのに、
外から見ると、さも看守と囚人らしい言動になっているのも面白い。

ジワジワとスローペースで進んでいく前半も興味深いが、
その高圧さがピークを迎えて一気に爆発する後半は目が離せない。
一種のサイコホラーとしてもオススメ。


ウェイヴ(THE WAVE)

2016年10月2日10:37【カテゴリ : DVD(う・え・お)
THE WAVE ウェイヴ [DVD]
THE WAVE ウェイヴ [DVD]
posted with amazlet at 16.09.26
アットエンタテインメント (2010-04-28)
売り上げランキング: 41,616

高校の授業で行われたとある実験を通し、
人々がいかにして独裁状態に陥っていくかを描いた話。

独裁政治が推奨されないことや、
ヒトラーが率いたナチの問題点を知っている生徒なのに
徐々に独裁に浸っていく過程が非常に面白い。

独裁に従う心理に懐疑的な生徒たちが
いきなり指導者の言いなりになるわけではなく、
まずは簡単な集団行動と、抵抗されにくい規律から始まり、
集団に対しての貢献が推奨され、結束が強くなっていく流れは
冷静に観ていてもなるほどと思わせてくれる。

集団心理の怖さというか、本人たちには悪意がなく、
むしろみんなのためにがんばっているという空気がリアルで、
一団となって過ごすことの心地よさが伝わってくるのが怖い。
強硬派、心酔する者、勧誘者、異端児などの存在が
自然に生まれていくのも興味深い。

それなりに登場人物も多く、複雑な心理を描く割に
テンポもよくて非常に観やすく仕上がっているのもよい。
一種のサイコサスペンス作品としてもオススメ。


おとうと<2010年公開版>

2016年9月16日10:44【カテゴリ : DVD(う・え・お)
あの頃映画  松竹ブルーレイ・コレクション  おとうと [Blu-ray]
松竹 (2016-06-02)
売り上げランキング: 134,184

小さな薬局を営む未亡人の女性が
厄介者の弟に悩まされながら生きる様子を描いた作品。

キャスティングは素晴らしく、誰もがハマり役と言えるが、
それだけに笑福亭鶴瓶が演ずる「弟」への嫌悪感が激しい。
酒癖が悪く、ガサツで野蛮な言動に家族が悩まされる様子は
感情移入すればするほど強いストレスを感じる。
人に迷惑をかけ、何度も同じ失敗を繰り返すことにイライラさせられる。

身内の細かい衝突と、ホスピスでの終末期ケアをテーマにしたものだが、
問題ばかり起こす弟との家族の絆を感じる良作ととらえるか、
だらしなすぎるダメ人間に対して甘すぎるととらえるか、人を選ぶ作品。


俺物語!!<実写映画版>

2016年7月22日10:50【カテゴリ : DVD(う・え・お)
俺物語!!(通常版) [Blu-ray]
俺物語!!(通常版) [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.13
バップ (2016-04-27)
売り上げランキング: 1,214

同名のマンガを原作とした実写映画で、
男気にあふれる高校生の恋愛模様を描いた話。

キャスティングは非常によくできていて、
原作で感じた雰囲気がそのまま再現されている印象。
実写化がもっとも難しい猛男も身体の大きさや力強さが感じられ、
これ以上を望むのは厳しいだろう。

残念なのはストーリー展開がやたら遅いことで、
原作では1巻半ばでカップルになるのに
映画では2時間まるまる使って展開してしまう。

やきもきする2人のやり取りが延々と続くため、
どうも原作の魅力であるグッとくる部分が薄れてしまった。
設定やキャラクターの面白さを感じた人は
ぜひ原作マンガに手を出して数倍の魅力を感じて欲しい。

【関連作品のレビュー】
俺物語!!(マンガ)
俺物語!!(テレビアニメ)