投資・資産運用・経済 カテゴリの記事:

お金持ち入門

2017年3月12日10:39【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(あ・か行)
お金持ち入門
お金持ち入門
posted with amazlet at 17.02.21
実業之日本社 (2015-09-18)
売り上げランキング: 38,300

資産運用の基礎を学べるよう、いろいろな専門家が解説した本。

貯蓄の考え方、投資の理屈とやり方、
株式・債権・投資信託・不動産投資の基礎知識、法人化による節税など、
資産運用を学ぶ上で関係するものがひと通り語られる。
知らないとヤバイお金の話」よりも投資関連に絞り、
図解 山崎元のお金に強くなる!」よりも深く掘り下げた内容。

結構なボリュームがある割に読みやすく、
多岐にわたる知識をひとまとめに知ることができる。
まず本書で投資の必要性と、どの投資が自分に合っているのかを把握し、
あとはそれぞれに特化した書籍に手を出していくとよい。


藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

2017年2月17日10:58【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?
CCCメディアハウス (2015-07-01)
売り上げランキング: 22,326

ある出来事が世間にどんな影響を生むのかを考える
ビジネスシミュレーションの発想を紹介したもの。

優秀な投資家や経営者が持つ「先を見通す視点」を鍛えるため、
ドラえもんの不思議アイテムである「タケコプター」や「フエール銀行」が
もし実際に登場したら、という仮定のもと
経済や各業界にどんな影響があるかを考えてみる内容。

架空のアイテムながら、現実に存在すると
世間にどんな変化を与えるかをリアルに推測していくのは面白く、
いろんな業界や立場の心理を考える練習になる。
それによって新しい変化に柔軟に対応するスキルが身につくだろう。

たとえ投資には興味がなくても
客観的で広い視野を鍛えたい人には読んで欲しい1冊。

【関連作品のレビュー】
日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。
投資家が「お金」よりも大切にしていること
日本株は、バブルではない
投資バカの思考法


図解 山崎元のお金に強くなる!

2017年2月11日10:54【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(さ~な行)
図解 山崎元の お金に強くなる!
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-09-01)
売り上げランキング: 3,550

貯金や保険、年金など、生きていく上で
どういうことにどれぐらいお金を使うべきかを
さまざまな制度や理屈をもとに説明したもの。

人生で関わるさまざまな事柄を
初心者にも理解しやすいようにシンプルに解説していくが、
学校では教えてくれないお金の授業」などと似通った内容のため、
同筆者の著書を読んだことがある人には新鮮味がない。

後半はまるまる使って資産運用の話になるが、
これも同筆者が書いた「超簡単 お金の運用術」など
それだけを切り分けた本を読む方がわかりやすい。

広く浅く説明するコンセプトの割に
後半の資産運用のボリュームが多くてバランスが悪かった。
ページに対して文字が小さくKindleでは読みづらいため、
どうせ読むなら本書以外の著書をオススメする。

【関連作品のレビュー】
ほったらかし投資術
超簡単 お金の運用術
学校では教えてくれないお金の授業
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!


民泊を始めてわずか半年、もうすぐ私は300万円を失います。

2017年1月21日10:48【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)

民泊用に部屋を借りて不労所得を狙ったものの、
赤字ざんまいで苦労した実状をまとめた本。

一般家庭用の部屋を旅行者などに貸して宿泊料をもらう「民泊」を
投資手段として運用しようとした実録だが、
物件を維持するためのバカにならないコストと
急な撤退を強いられるリスクがあることがよくわかる。

複数物件の具体的な収支が記載されているため、
自分がチャレンジするときの反省材料になるだろう。
筆者の場合、管理や清掃などを外注した部分が
かなりのコストになっていることがわかるので、
そのあたりを削減できれば改善につながりそうだ。

民泊が話題になり、投資のチャンスと考える人は珍しくないだろうが、
そういう人を冷静にさせるだけのインパクトがある本。


はじめての人のための3000円投資生活

2016年12月16日10:47【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
はじめての人のための3000円投資生活
横山光昭
アスコム
売り上げランキング: 344

投資に挑戦したことがない人向けに
ごく少額からの投資を習慣づける提案をしたもの。

タイトルだけを見ると、月々たった3000円で
まともな投資が始められるような印象を受けるし、
冒頭の数ページを読むと、3000円投資生活を始めたら
数百万・数千万の資産を築けるかのような表現がされているが、
投資の基礎知識と感覚を身につけるために
プレッシャーを感じなくて済む3000円から始めよう、というだけで
実際には慣れてきた段階で投資額を増額しているものばかり。

月3000円では元金が少なすぎて
30年かけてやっと100万円にいくかどうかというレベルだ。
リアルな投資感覚と具体的な利益を考えると
最低でも月数万円は用意しないといけないはず。

また、投資の基礎を勉強するにしても中身が薄すぎる。
これなら「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」や
資産運用に無関心な人が読む本」を読んで欲しい。

投資に興味が出たなら、まず適切な本を手に取るべきだし、
3000円で成果を出したいという感覚をまず改めるべきだ。


ケチケチしないで1000万円貯金しました

2016年12月14日10:40【カテゴリ : マンガ(あ行・か行), 投資・資産運用・経済
ケチケチしないで1000万円貯金しました
ハイシマ カオリ
宝島社
売り上げランキング: 258,483

OL兼イラストレーターの作者が
大きな貯金額に達したときにやっていた
心がけや生活スタイルを紹介したもの。

「ケチケチしないで」という添え書きがあるものの、
必要最低限の服しか持たず、
飲み物はコンビニや自販機では買わない、
ストレス解消に古本屋で立ち読み、
友達が少ないから交際費も少なくて済む、という考え方は
相当にケチ臭いと感じた。

年100万円以上を貯金に回し、
33歳で1000万円に達したというのは立派だが、
結局、理由づけしながら支出を節約しているに過ぎず、
人によっては大きなストレスを感じる方法だろう。

「三十路OLのゆるゆる節約ライフ」というサブタイトルが付いているが、
給与以外に原稿料やアフィリエイトによる副収入、
親からの生前贈与まで受け取っていることを考えると
とても一般的なOLのサンプルにはならないだろう。


あやしい投資話に乗ってみた

2016年11月6日10:28【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(あ・か行)
あやしい投資話に乗ってみた
彩図社 (2016-02-19)
売り上げランキング: 4,576

未公開株や和牛オーナーなど、怪しい噂を聞く投資話に
実際に挑戦した経験をまとめたもの。

資産運用に興味がある人なら誰でも
高い利益が得られる話に惹かれるものだが、
そういった投資話の実際の感触がわかって面白い。
普通ならリスクを考えて敬遠するところを果敢に挑戦していて、
恐いもの見たさで読めるエッセイとしても楽しい。

ファイナンシャルプランナーとしての鋭い視点での体験談は
投資家としての気を引き締める意味でも参考になった。


超ど素人が極めるFX

2016年10月14日10:57【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(さ~な行)
超ど素人が極めるFX
超ど素人が極めるFX
posted with amazlet at 16.08.30
翔泳社 (2016-05-18)
売り上げランキング: 320

2種類の通貨の価値の差を利用して儲けを出すFXトレードに関して
その基本的な知識や関連する手続きを説明したもの。

テレビなどで派手なトレーダーが紹介されることがあるが、
悪いイメージだけで盲目的にFXを避けるのではなく、
どういう仕組みの投資なのかを知った上で判断することが重要。

すでにFXを始めている人には基本的すぎるし、
本書を読んで実際に「FXを極める」のは難しいだろうが、
FXに関連したさまざまな知識がさっと学べる一冊。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

2016年10月4日10:23【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)

資産運用に関してのまったくの初心者が
専門家にいろいろと教わっていく対談形式の本。

全編にわたって会話形式で進められるが、
著者がうまく読者の代弁者となっていて、
初心者が気になること・考えることを言ってくれる。
それに対して、何が正解でどう考えるべきかを
専門家が非常に簡潔にズバッと答えてくれるのが心地いい。

資産運用に関して何も知らない人はとりあえずこれを読んで
ざっくりとした関連知識を予習しておけば
いろいろな専門書をスムーズに理解できるようになるだろう。
すぐに読み終えてしまえる軽いボリュームだが、
金融に関する正しい認識を身に付けるための最適な入門書。

【関連作品のレビュー】
ほったらかし投資術
超簡単 お金の運用術
学校では教えてくれないお金の授業
図解 山崎元のお金に強くなる!


大家さん引退します。 主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断!

2016年9月28日10:06【カテゴリ : マンガ(あ行・か行), 投資・資産運用・経済

大家さん10年め。」の続編で、新たな不動産の売買や
管理面での苦労を描いたエッセイ。シリーズ第3弾となる。

相変わらず著者の無茶な言動にはまったく共感できず、
運び入れできるかどうかも確かめずに
ダンスゲームのアーケード筐体を買ってしまうところや、
融資を受けるための経費捻出のために
子供の学費にまで手を付けるところなど、
あまりにも綱渡りなやり方には辟易させられる。

シリーズ通して言えることだが、
購入額と家賃収入のバランスにばかり注目される不動産投資に関して
管理面や売買のコストなど、
さまざまな手間がリアルに感じられるのが唯一のメリット。
自分に甘く、周囲には文句をつけまくる感情的な著者には
読んでいてウンザリさせられる。

【関連作品のレビュー】
主婦でも大家さん
大家さん10年め。