投資・資産運用・経済 カテゴリの記事:

定年まで10年ですよ

2017年11月26日10:55【カテゴリ : マンガ(さ行・た行), 投資・資産運用・経済
定年まで10年ですよ まんがでわかる老後のマネー教本
日経ヴェリタス編集部
集英社
売り上げランキング: 17,052

50歳を迎え、今後の生活設計を考える複数の主人公を描いた話。

「老後のマネー教本」という副題の通り、
定年前後の資産運用に関する情報が得られるかと思ったが、
得られる知識量があまりに少なすぎて期待ハズレ。
キャラクターやストーリーもイマイチで、
悪い展開を無理やり作っているような不自然さがある。

学べることも少なく、ストーリーの魅力にも欠ける1冊。
定年にまつわる生活設計をマンガで読むなら
定年一年生の教科書」の方が有益だろう。


「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

2017年11月20日10:02【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(さ~な行)
「数字」が読めると本当に儲かるんですか?
日本実業出版社 (2017-06-02)
売り上げランキング: 9,753

思うように利益が上がらなかった実際の花屋を事例に、
会計上の問題解決について解説したもの。

会計に関する知識を持たない人にも理解できるよう、
変動費や固定費、利益に関して取り上げていく。
初心者にもわかりやすくするためか遅めの展開だが、
限界利益率が出てくる中盤以降がぐっと面白くなる。

売り上げの数字のみに注目する経営の
どこに問題があったのかを少しずつ解明し、
有効な対処法が取られていく流れが面白い。

会計の考え方について丁寧に噛み砕いた入門書で、
小売業のビジネスセンスを身につけることができる1冊。オススメ。


定年一年生の教科書

2017年11月16日10:13【カテゴリ : マンガ(さ行・た行), 投資・資産運用・経済
定年一年生の教科書 知らないと大変!定年後のお金の知識 (ゴーゴープラスBOOKS)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2016-09-17)
売り上げランキング: 14,193

定年後のお金の問題に関して、マンガを中心に説明したもの。

老後資金のための貯金や年金、支出や税金に関して
40、50代のうちから知っておいた方がいい知識が満載。
細かい数字やスケジュールはともかく、
ある程度の規模感や心構えを知っておくのは大切だろう。

妻のキャラクターはイマイチだが、関連する話題をマンガで展開し、
細かい情報を文章ページで一気にまとめるレイアウトで、
知識をざっと得るには読みやすい本。


iDeCoおしえてあげる

2017年11月14日10:05【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(あ・か行)
iDeCoおしえてあげる 1時間でわかる版 知っていると得をする おカネ学シリーズ
RIA JAPAN おカネ学株式会社 (2016-12-23)
売り上げランキング: 12,617

iDeCo(イデコ)と呼ばれる
個人型確定拠出年金に関して紹介したもの。

全編にわたって妙な萌えキャラの語り口調で非常に読みづらく、
情報が薄っぺらく感じてしまう。
ちょくちょく挿入される自分ツッコミは余計だし、
各情報に対するコメントも
アドバイスなのかキャラ付けなのかがわからない。

「1時間でわかる版」という副題通り、短時間で読み切れるのは確かだが、
本当にiDeCoについての知識を得たいなら
もっときちんとした有益な書籍を読んだ方が早い。


気づいたら貧困層!?

2017年11月8日10:59【カテゴリ : マンガ(か行), 投資・資産運用・経済

将来の経済的な不安を解決するため、
投資の意味や必要性をマンガで説明したもの。

フルタイムで働いても収入が低く、
昇給も見込めないワーキングプアな主人公が
資産運用の重要性に気づいていく様子が
初心者にも非常にわかりやすい。
誰もが感じる不安や誤解をうまく解きほぐし、
資産運用こそが安全だということを気づかせてくれる。

投資に関する知識の初歩として
ドルコスト平均法やNISAに関しても触れているので、
本書で興味が湧いた人はぜひ
毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」や
資産運用に無関心な人が読む本」を読んで、
すぐにでも具体的な投資活動を始めて欲しい。


ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか

2017年11月6日10:42【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)
中央公論新社 (2015-08-14)
売り上げランキング: 3,996

すべての国民に必要最低限の生活費を支給する
ベーシック・インカムの制度について
関連する情報やその思想を解説したもの。

現在の社会保障について分析した第1章は興味深かったが、
さまざまな資料の引用がひたすらに続く第2章は
文章も硬く、話題が散漫で非常に読みにくかった。
ベーシック・インカムの財源に関する第3章は再び面白くなったが、
漢数字ばかりが羅列されているので内容がつかみづらく、
もっとうまく説明できそうな印象を受けた。

文章として読みづらい部分が多いのは残念だが、
ベーシック・インカムの意義を軸に、
財源や労働意欲など多くの人が感じる問題に関して
先入観や誤解を取り除いてくれる考察は非常に有益。
ベーシック・インカムに関するさまざまな疑問を解くための1冊。


個人型確定拠出年金iDeCo活用入門

2017年11月4日10:32【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(あ・か行)
個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
ダイヤモンド社 (2016-10-17)
売り上げランキング: 6,758

資産運用によって自分の年金を積み立てていく
個人型DC(=iDeCo(イデコ))に関して
関連する知識をまとめたもの。

2017年から加入対象が拡大され、
どんな立場の人でもほとんどが利用できる制度となった。
60歳以降にならないと引き出せない流動性の低さはあるものの、
大きな節税効果を持つため、人生全体で考えるとメリットは大きい。

必要となる情報と手続き、手数料や受け取り時の注意など、
基本的な知識をざっと学ぶ入門書として手軽に読める1冊。

投資信託の知識があった方がスムーズに理解できるため、
毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」や
はじめての『投資信託』入門」あたりも読んでおきたい。


ベーシック・インカムのある暮らし

2017年10月29日10:46【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
ベーシック・インカムのある暮らし
古山 明男
ライフサポート社 (2015-12-11)
売り上げランキング: 73,617

すべての国民に必要最低限の生活費を支給する
ベーシック・インカムについて、
その必要性や有益性を解説したもの。

現在の経済状況や福祉の問題点などを踏まえつつ、
なぜベーシック・インカムで解決するのかを説明していく。
労働意欲や財源の問題など誰もが気になる要素に関しても
大きな問題がなく、逆にメリットが大きいことも伝わってくる。

特に第3部で語られる「電子式減価マネー(E円)」は
消費を促す制度として興味深いアイデア。
ベーシック・インカムの是非だけでなく、
経済に関するさまざまな知見を深めるための本。


勝者の心構え 精神科医が看破する投資の本質

2017年10月23日10:54【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(さ~な行)
勝者の心構え: 精神科医が看破する投資の本質
(2017-07-11)
売り上げランキング: 5,776

投資を始めていく人向けに
どういった心構えでいるべきかを説明したもの。

投資を始めたときに出くわす状況や心理的な変化に関して
経験者ならではのアドバイスが続く。
具体的な知識やテクニックではなく、
あくまで冷静な自制心を持つよう提案した内容。

精神科医であるということを活かした部分は特になく、
わざわざタイトルに含める必要があったのかは疑問。

1時間程度で読み切れるボリュームなので
これから投資を始める人はざっと読んでおくとよい。


副業のススメ

2017年9月19日10:56【カテゴリ : 投資・資産運用・経済, 書籍(は~わ行)
副業のススメ【完全版】
(2017-07-12)
売り上げランキング: 2,408

副業として、オンラインでの物販ビジネスを勧める本。

筆者が聴衆の前でしゃべった言葉を
そのまま書き起こした内容になっており、
本としての体裁はかなりイマイチ。
特に「こちらの写真は~」と書かれているのに
該当の写真が掲載されていないなど、
読む側のことを考えていないのは雑すぎる。

参加者への問いかけをちょくちょく挟みながら
自分の語りたい内容へ展開していく話法は
本として読むとかなり怪しい雰囲気が伝わってきて、
どうにも説得力に欠ける。

副業の必要性は納得できるが、成功者だけの話を聞いて
誰にでも通用する攻略法だと思ってしまうような
「生存バイアス」には注意したい。