DEATH NOTE Light up the NEW world

2017年6月15日10:09【カテゴリ : DVD(た行)
デスノート Light up the NEW world [Blu-ray]
バップ (2017-04-19)
売り上げランキング: 885

実写映画版「デスノート」シリーズの第3弾となり、
DEATH NOTE the Last name」の10年後を舞台に
6冊のデスノートをめぐる攻防を描いた話。

2代目となる新キラ・新Lともに魅力に欠け、
登場するたびに残念な気分になるばかり。
特に2代目Lは言葉遣いが乱暴なばかりでちっとも知的に見えない。

2時間あまりの映画で6冊のデスノートは多すぎるし、
どう考えても3冊で十分なストーリー。
登場人物たちの動機も理解不能で、どの立場も応援できない。

ミスリードやトリックの内容がやたら前作と重複しており、
今作独自の驚きや面白みがまったく味わえないのもひどい。
10年も経ってからわざわざ続編を作った割に
あまりにも見どころのないデキ。

【関連作品のレビュー】
DEATH NOTE(実写映画)
DEATH NOTE the Last name(実写映画)
L change the WorLd(実写映画)
DEATH NOTE(マンガ)
DEATH NOTE(アニメ)
デスノート(実写テレビドラマ)


かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~<1巻>

2017年6月14日10:14【カテゴリ : マンガ(あ行・か行)

頭のいいエリート高校生の男女が
相手が言い寄ってくるよう、策略をめぐらせ合う話。

お互いに好意を寄せながらも素直になれないため、
なんとか望む状況に陥るよう策をめぐらせるコメディだが、
肝心のキャラクターが好きになれず、あまり楽しめなかった。


話題のダイエットを格付けしたら…

2017年6月13日10:24【カテゴリ : 書籍(は~わ行)
話題のダイエットを格付けしたら…
岡田 正彦
三五館
売り上げランキング: 1,300

いろいろなダイエットに関して、
学術上の文献をもとに10点満点で格付けした本。

糖質制限ダイエットをはじめ、プロテインダイエットや
水飲みダイエット、こんにゃくダイエットなど、
評判になったダイエット法をひと通り網羅しているが、
とにかく無理に難癖を付けるような記述が多い。

フラフープダイエットに対して、
長時間ダラダラとやりすぎた子供の皮膚が腫れた例を根拠に
「やりすぎた時に健康上の障害が発生する可能性がある」と書いてあるが、
どんな運動でも極端にやりすぎれば障害が起きるのは当たり前だ。
「人間にとって不自然な動きをさせられるものは避けるべき」というなら
鉄棒や自転車、縄跳びなどの運動も不適切なものになってしまう。

電気的に筋肉を刺激するEMSダイエットに関しても
「心臓や顔に使って事故が起きるかもしれないから」とか
「パッドの貼り付け方が不適切でヤケドをした例があるから」などと
器具の使い方を誤った例を理由にするのは納得できない。

プチ断食ダイエットが健康的かどうかはともかく、
運動を強いられながらも摂取カロリーを半分にした生活を
半年近く続けた実験を引き合いに出して断食の怖さを訴えるのは
プチ断食のコンセプトを理解しているとは言えないだろう。

水飲みダイエットの項目では
「水分をいくら補給しても熱中症を予防できるわけではない」
という記述があったりして、
それこそ多くの資料との矛盾を感じてしまった。

ライザップのダイエット法に対して
「CMを見る限り、痩せる効果は高そう」などと頼りない記述があったり、
「ジョギングで膝を痛めるリスクはまったくない」という
どうにも納得できない説明があるのも疑問。

きちんとした資料を根拠に
いろいろなダイエットを格付けするというコンセプトは素晴らしいが、
中立の立場で医学的に納得できる解説ではなく、
期待ハズレな内容だった。


ガメラ 大怪獣空中決戦

2017年6月12日10:56【カテゴリ : DVD(か・き)
ガメラ 大怪獣空中決戦 [Blu-ray]
角川エンタテインメント (2009-08-28)
売り上げランキング: 29,113

鳥型の怪獣ギャオスと亀型の怪獣ガメラに
混乱する人々の様子を描いた作品。
平成ガメラシリーズの第1作となる。

自衛隊関連の描写はリアルでよかったが、
パニック映画としては王道的な展開と見せ方で
「ゴジラ」シリーズなどと比べても特別新しい面白みはなかった。
急にアップになるカメラワークがイマイチに感じる場面もあり、
怪獣映画としても全体的に平凡な印象だった。


超 暇つぶし図鑑

2017年6月11日10:53【カテゴリ : 書籍(さ~な行)
超 暇つぶし図鑑
超 暇つぶし図鑑
posted with amazlet at 17.06.05
ARuFa
宝島社
売り上げランキング: 976

人気ブロガーのARuFa氏
ふと思いついたくだらないネタを
本当に実現しようとする体当たり企画の本。

「部屋を森にすると、室内で森林浴ができる」や
「老若男女で並ぶと、特殊能力者の集団っぽくなる」など、
言われてみれば「なるほど」と思うものの
それをやるためには手間もコストもかかるアイデアを
次々と実現してしまう行動力が素晴らしい。

ネット上の記事では製作過程や細かい工程も紹介されているが、
本書ではネタの発端と結末に絞っており、
かなり大変だったであろう内容でも
わずか2ページで紹介していたりと贅沢感がスゴい。

1冊にかなりのネタが収録されていて、
斬新な着眼点と予想外の結果が次々と楽しめる良書。


最高の人生の見つけ方

2017年6月10日10:23【カテゴリ : DVD(さ・し)
最高の人生の見つけ方 (初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-12-16)
売り上げランキング: 38,313

余命わずかとなった2人の老人が
悔いを残さないために世界中を旅する話。

大富豪だからできる贅沢ばかりではあるが、
新たな経験に生きがいを感じていく様子や
偏屈だった男性が真の友情と幸せを手に入れていく様子は
観ていて幸せにさせられる。

ストーリーは非常にシンプルで、予想した通りの展開を見せるため、
主人公2人のキャラクターと
その幸せそうな日々を楽しむための作品。


腐女子のつづ井さん<1巻>

2017年6月9日10:14【カテゴリ : マンガ(な行・は行)
腐女子のつづ井さん<腐女子のつづ井さん> (コミックエッセイ)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2016-02-05)
売り上げランキング: 2,177

「腐女子」と呼ばれるボーイズラブが好きなオタク女性が
日々の生活や友達とのやり取りで感じる想いを描いたもの。

基本的にあるあるネタなので、アニメやマンガを見て
すぐカップリングを考えてしまうようなボーイズラブ好きな人か、
腐女子の生態をある程度知っている人でないと
主人公の言動への共感や理解ができず、
本作の面白さがわからないだろう。

いかに普通の人と違う感覚を持っているか、
妙なところに興奮を感じるかを楽しむマンガで、
面白さのツボが理解できるかどうか人を選ぶ作品。
太めのシャーペンで大雑把に描かれたようなタッチなので
マンガとしてのクオリティを望む人には不向き。


ヒート

2017年6月8日10:23【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ヒート 製作20周年記念版(2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-03-03)
売り上げランキング: 217

大胆な強盗で荒稼ぎするギャングのリーダーと
彼を執拗に追う警部を描いた話。

ギャング側・警察側の総力をかけた対決で
非常に派手な銃撃戦に何度も興奮させられる。
ロバート・デニーロとアル・パチーノの存在感が素晴らしく、
それぞれの敏腕ぶりが伝わってくる。

両勢力ともに登場人物が多いので、
人間関係を把握するのが大変なのと、
3時間近くの長さな上に後半になるとテンポが悪くなるのか残念。

善悪それぞれのプロの姿が味わえるハードボイルドな作品。


響(ひびき) ~小説家になる方法~<1~2巻>

2017年6月7日10:10【カテゴリ : マンガ(な行・は行)
響~小説家になる方法~(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-05-15)
売り上げランキング: 101

小説を書くことに対して前代未聞の才能を持つ女子高生の話。

文芸界に衝撃を与えるほどの才能を
とある女子高生が持っているという設定は面白いが、
主人公の言動があまりにも酷すぎる。
周囲に対して敵意むき出しの無礼な態度で、
気に入らなければすぐに暴力を振るう。

小説に関する才能にも説得力がなく、
作品を読んだ人がスゴいスゴいと言うばかり。
どの辺がどう奇抜なのか、
どんな努力をしているのかがまったく伝わって来ない。

せめて感情移入できる程度のキャラクターにはして欲しかったし、
主人公以外にも嫌な人物がやたらと出てくるので
読んでいてひたすら不快感を味わうばかりのマンガ。


ハウンター

2017年6月6日10:23【カテゴリ : DVD(は・ひ)
ハウンター [DVD]
ハウンター [DVD]
posted with amazlet at 17.04.15
TCエンタテインメント (2014-07-02)
売り上げランキング: 64,357

同じ1日を繰り返していることに気づいた少女が
家族や家の変化から、さらに大きな秘密を知る話。

ループ物のSFかと思ったが、
もっと別の方向へと進んでいくホラーサスペンス。
断片的な情報が次々と追加される上に
似たような人物が多く登場するので、かなり混乱した。

説明があまりうまくない作品で、
状況がほとんどわからないまま話が進むため、
設定が理解できるまではかなり疲れるし、
わかったあともそれほどの面白さは感じなかった。